ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
 ALEMBICの記事、前回でおしまいにしたところ、「もう終わりですか?」という
 コメントを約一名の方から頂いた・・のを口実にして、もう一回だけお付き合い下さい。



ALEMBIC 22ALEMBIC 23 ALEMBICで忘れてならない機能として、この「ハム・キャン
 セリング調整」
があり、ハムキャンセルPUで拾った外来ハム
 ノイズのみを逆相で加算してハムノイズを打ち消す、という
 ものでボディ裏・コントロールパネルの穴から半固定抵抗を
 回してベストポジションを探すと確かにスッとノイズが消える。
 ただ、その感覚はそこはかとなくアナログ・テイストではある。

 右写真、弦高を下げようとブリッジサドルをキモチ削りすぎた
 問題はこの後ビスにワッシャーを挟むことを思いつき、解決。


ALEMBIC 24 ALEMBIC 25
 チューニングしてペグにテンションがかかるとどうも固い。
 Schallerのトルク調整を緩めてもダメで分解掃除決行!

 激安・98円で売られてた車用の「パーツ・クリーナー」で
 古いグリスを洗い落とし、ウエスにつま楊枝、綿棒やら
 歯間ブラシまで動員して掃除し、新しいグリスを充填。
 意外にも多数のワッシャーが使われてるが、時々一枚
 多く入ってるのがある(笑) 作業後は特別トルク調整を
 しなくてもかなり動きがスムーズになった。


ALEMBIC 26ALEMBIC 27 弦探しの旅はつづく・・  「ショートがダメならミディアムがあるさ!」
 でもまた失敗した場合のリスクを最小限にとどめるため、某・音屋
 にて750円也のいつものアリア弦のミディアムを初体験してみた。
 いつもながら中袋がチープかつ、ふざけたデザインだ・・

 条件はE及びA弦の太い部分がナット部より長く、ペグに乗らない
 ことだが・・あっ、イイんじゃないスか?
 結論・『ALEMBIC SSBはミデイアム・スケールである』(ちがいます)
 このミディアムの長さがバッチリでも、他社のはまた違うんだよなあ。
 スルーネックのベースって弦が死ぬとボルトオンより気になるし・・


ALEMBIC IN お花畑 2 ALEMBIC 28

 それにしてもこのALEMBICというメーカーは良く言えば遊び心
 があるんだけど気まぐれで、例えばブリッジは2パターンあって
 もう一方はバラバラに分解出来る構造だったり、めんどくさい
 PUの固定&高さ調整もビス留めのみの物もあるし、ヘッドの
 インレイは様々、それらが年代で切替わるわけでもなくゴッチャ。

 海外サイトで拾った右画像は4弦&6弦フレットレスのWネック!
 いいぞ、ボク、そのままひっくりかえせ~!(笑)
 (絶対、上で誰か押さえてるな)
                   自分のALEMBICは大切にします。

スポンサーサイト


2014/06/16 11:37|ALEMBIC SSBTB:0CM:8
ダメよ!最終回なんて!!!
^^;
まだまだ ネタは お持ちでしょ^^;
貴殿に 誘発されて  アノ。。。。 ●A◯●I の
アレn大偽モノ wo 入手しようとして  アノ手  子の手をを 借りてまで (笑)
アレ♪ しようと してるんですから(゜o゜;
アレ♪ 続けて!!ッ!!  オネガイ!!m_ _m

   
Bossa Lary #-|2014/06/16(月) 19:32 [ 編集 ]

シャーラーM4ってギヤシャフトが抜けるのでオーバーホールしやすいですよね。
これがGOTOHだと出来ませんが、GOTOHで要オーバーホールのペグに当った事が無いので何とも(パチモンは酷いですが・笑)

>このミディアムの長さがバッチリでも、他社のはまた違うんだよなあ

YAMAHAが典型的かも知れません。
かつてのYAMAHAショートスケールモデルのBB-2000SやBB-ⅥSなどは「ショートスケールにしてはやや長い」約800mm=31.5インチ。
MOTION-Bはミディアムスケールとされていましたが約820mm=32.3インチでミディアムよりやや長い。

ショートスケールでもFenderみたいに裏通しだったりヘフナーのようなトラピーズテイルピースだとミディアムスケールの長さが無いと張れませんし、この辺はもう混乱必至ですよね(汗)

もっとも、スケール(弦長)の国際規格が決まっている訳ではないですし、この辺は仕方ないのかも・・・

ちなみにウチではAmpegクリスタルとGreco EB-8、VOX VBW-2500がショートスケールですが、それぞれ張っている弦が違います(8弦のEB-8は論外か(笑))
Fender URGE(ステュ・ハムモデル)はミディアムスケールですが、裏通しで「ミディアムじゃ足りない、ロングじゃ長い」と言う困った仕様です・・・

もとい。

アレンビックと言えば、70年代末にプレイヤー誌で紹介されたロン・ウィッカーシャムの愛娘マイカの姿を思い出します。
接合前のボディ材と思われる物体を抱きかかえた当時4~5歳位の可愛い子供が今や立派なゼネラルマネージャー。
体格も立派になって・・・そこまで立派にならなくても良いのにと言う位の立派さです(汗)
すわべ #pt67g6gE|2014/06/16(月) 21:04 [ 編集 ]
Bossa Lary さん、
おかげさまでもう一回記事が出来ました!
が、残念ながらALEMBICはそろそろネタがありませんわ(苦笑)
またしばらく愛用してみて記事にすると思いますのでよろしゅうに。

もしかして「●A◯●I」は偽物とは言えないんじゃないですか? 
何かデモノはありましたか?

オアシス地球 #-|2014/06/16(月) 22:17 [ 編集 ]
すわべさん、
> シャーラーM4ってギヤシャフトが抜けるのでオーバーホールしやすい
そのギアが噛み合う部分も露出すれば完璧に掃除出来るんですけどね。
これがフェンダーみたいなオープンタイプだとなかなかここまで回復してくれないですね。

ベースって普通のロングスケール以外は結構めんどくさいものなんだと知りました(笑)
色々使ってバッチリのを見つけるしかないですね。アリアは家弾きにはいいんですが、
やっぱり寿命短いですね、この値段ですから。こういう試験用にはイイですが。

オアシス地球 #-|2014/06/16(月) 22:33 [ 編集 ]

ごぶさたしています・・・
うわー!
スゴイですね!ビックリしました!
いいですね〜・・・憧れます。。。

ALMBICは鑑賞して楽しむBASSだと思っています(((笑
芸術品&骨董品ですよね。。。

次回の音レポ、楽しみにしています♪

・・・私は最近、フェルビックのMSBを弾いているんです!
昔のアールクルーのコピーをやっていて
雰囲気出すのに使っていますよ!
「仏壇みたい!」って言われますが・・・
ピョん #-|2014/08/17(日) 14:24 [ 編集 ]
ピョんさん・・
て、ピョん吉さんですよね? 大変ごぶさたしております!!

> ALMBICは鑑賞して楽しむBASS・・
それ、本当に言えてます。まず第一にスラップやりづらいし、バランス最悪、
パワーサプライめんどくさい、トーンの調整わかんない、弦の選択わかんないで
最近はもっぱら酒の肴にしてます(*≧∀≦*)

フェルビックのMSBって良いらしいですね!本物買う必要ないと思いますよ。

> 「仏壇みたい!」
床の間にマッチしますよね(#^.^#) またいらしてください!!
オアシス地球 #pfGu3OTE|2014/08/17(日) 17:28 [ 編集 ]

文字バケしてますね・・・ぴょん吉です。

チョッパーしにくいですよね・・・
私はフロントPUを本体と同じ高さ(ツライチ)にしました。(ボディを削った)
フェルビックもパワーサプライで可動していたのですが
めんどうなので、アクチベータータイプのPUに交換したんです。
弾き易くて、扱い易い子になりましたよ♪

いやいや・・・本物は欲しいですよ(((笑

・・・アールクルーのコピーバンドをやっていますが、
アールクルーがアレンビックを使ってる訳じゃなくて
アルバムに参加しているルイスジョンソンが
ALEMBICのLSBを使っていると言う意味でした!
※参照音源
http://youtu.be/RPJTIVkIPTA
ぴょん吉 #-|2014/08/19(火) 00:58 [ 編集 ]

「ボディ削った」というのは「PUの下を」ってことですね。これやらないと下がりませんね。
チト本物だと躊躇しますが、おそらくナルチョもそうしてると思います。

今、ヤフオクにスタンリークラークモデルとマークキングモデルが出てますね!

アールクルー、この曲はアレンビックですか。そういえばプルの音がそれっぽいですね。
ルイスのチョッパーはアールクルーのナイロン弦の音に不思議なほどマッチしてるんですよね。

コピーバンド、ぜひがんばってください!! \(☆o☆)/
オアシス地球 #pfGu3OTE|2014/08/19(火) 10:17 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/94-3c4b285f

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。