ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
'62 JB 1 私の愛車、三菱ミニカ(2005年型)と'62 JBを並べてみました。

 この両者は本体価格がピタリ同じである(笑)(ミニカは最下位グレード)

 人を乗せて運んでくれる物と、言ってみれば木の板をネジで留めた代物が
 同じ値段である。そして車は時間とともに価値が下がるが、左のジジイは
 相場が上がっていく。しかし一方、時間はお金で買えない。やはり楽器に
 限らずヴィンテージというのはその時間に対して対価を払うのだろうか?
 私にベース道楽がなかったら、このミニカはベンツかBMだっただろう(ウソ)


'62 JB 12 '62 JB 13
 弦は所有ベースで唯一、フラットワウンドを使用。
 (GHS 3025 Precision Flatwound 45.60.75.95)
 そのため見た目は仏像、音はポクポクと木魚のようだ。
 ご高齢のため、細めのゲージをチョイスしてあげた。

 このトランジション・ロゴ期のデカールが塗装の上から
 貼られているのはラッカーのシンナー成分に弱かった
 ためだそうだが、劣化も手伝って爪でこすっても剥がれ
 てしまう。プラモデルの貼り方と同じだもんなあ。


'62 JB 15'62 JB 14 (写真左) こういうのはバーズアイとかじゃなくてただの
 木のフシというんですか?(笑)
それとも年寄りのシミ?
 こういうネックは反りやすいという話があるが、それが
 都市伝説であることはこのベースが証明している(??)
 細いのにとにかく反らない。トラスロッドに触った事ナシ。

 フレットは案の定けっこう減っているが、現状問題はなし。
 細かいことを言えばちょっと「PLEK」お願いしたいけど。


'62 JB 16 '62 JB 17
 「オリジナルでない」と聞いていたコントロールプレート
 の中を開けて見たのはつい先日で、ジャックはスイッチ
 クラフト製だがポットはNOBLE(帝国通信工業)という
 国産に交換されてた。さすがにガリだらけだったのか。

 この年代のオリジナルは「STACKPOLE社」製で、最早
 入手不可なので見てしまった以上、CTSに交換したい。

 コンデンサーはカメムシ(つぶすと臭い)みたいなのが
 付いてた
のでこれもオリジナルのセラミックに交換予定。
 
 
'62 JB 18'62 JB 19 厳密にいうと上写真の「サークルD」は翌63年かららしい
 が気にしないことにして、それよりもカメムシの容量が
 0.022で、トーンを絞ったときにあまりコモらないのでやはり
 この年代のはオリジナル通り0.05にするのがセオリーと思う。


 次回、《 3の3 》 はできる限り動画を撮って載せ
 たいと思いますが、まだ年賀状を書いてないの
 でどうなるか分かりません(笑)     (つづく)



スポンサーサイト


2013/12/15 14:57|JAZZ BASSTB:0CM:6

コントロール系はポット/コンデンサ共に国産品ですね。
と言う事は、ノブも?

この交換はプロの手によるものっぽいですね。

あれ?トーンはAカーブですか?
JBは3つともBカーブが使われていると思っていました。

昔(真空管が現役だった頃)のコンデンサは0.05μFが有ったんですよね。
今の定数系列(E12系列って言ったか?)だと、0.047になってしまうんですよね。
この程度の差異はほとんど影響は無いと言えるのですが、気分的には0.05が良いですね(笑)
すわべ #pt67g6gE|2013/12/15(日) 20:34 [ 編集 ]
すわべさん、
コントロール系の交換が日本国内で行なわれたのはまず間違いないですね。
それでもポット表面の状態から見てかなり年月が経ってるようです。

ノブですが、「FENDER BASS BROTHERS」によるとこの七角ノブは
色んな種類の物が使われていて、裏面のナンバーがその中のひとつと
「ほぼ一致」したのでオリジナルのようです。ただ、するとポットが
メートル、ノブがインチのはずですから合わないかと思うのですが
ピッタリはまってますね。(このタイプは合うんでしたっけ?)

それと手持ちのパーツをあさってたら、「STACKPOLE社」製のポットを
一個ですが発見してしまいました!!おそらく昔ガリが出て交換したはずなので
使えるかどうか分かりませんが、これ、状態にかかわらず結構高く売れるんですよね(笑)
これにもノブがぴったりはまりました。

> トーンはAカーブですか?
Aですね。私は逆に3つともAカーブかと思ってましたが、オリジナルに関する資料って
意外に無いんですよね。'72JBはたしか何かで見てボリュームB、トーンAにしたなあ。

> コンデンサ
実は0.022の良さも確かにあるし、絞ってもこもりきらない感じがしても、
ライブの大音量だと「やっぱりこんなもんか」と思ったりもして難しいです。
間を取って0.033にする人もいますね。

それと特に古いやつは「容量抜け」というのを起こしてたりするんで
これが測定出来るテスターで確認しないとダメなんですよね。

オアシス地球 #pfGu3OTE|2013/12/15(日) 22:07 [ 編集 ]

インチサイズのネジ止めタイプノブならメートルサイズの軸は入るのですが、スキマが出来てしまい偏心してしまいますね。
スキマを埋めるブッシュが市販されていたりもします。

あるいは、日本製のポットでも輸出用のインチサイズと言う可能性が有り得ますね。
(以前これでせっかく用意したメートルサイズのノブが使えず困った事があります)

パッシヴPUの場合、出力インピーダンスの関係でヴォリュームポットはBカーブがAカーブの音量変化になると何かの資料で読んだ記憶が有ります。
今のFender-JPNのJBだと3つともBカーブにしているみたいですね。
これは多分間違い対策ではないかと思っています(笑)

>0.033

YAMAHA BB-Ⅳ-A改のフロントPU(ディマジオMODEL-1)に付けたプリセットトーンがまさにこの数値で。
ヒアリングを繰り返した結果、こもり過ぎない角の丸まり方が古臭い感じで決定したと言う経緯です。
すわべ #pt67g6gE|2013/12/15(日) 23:18 [ 編集 ]
すわべさん、
> 日本製のポットでも輸出用のインチサイズと言う可能性
どうもそれっぽい気もしていました。「帝国~」という名がいかにも古くから
そういうの作ってそうな感じです(笑)

それとポットの背にアース線を橋渡しさせるのはパーツのナットが緩んだときに
音が出なくなるための対策だそうですが、これをやってるのは国産に多い
気がしますね。いかにも律儀で生真面目な日本人て感じで(笑)
オアシス地球 #pfGu3OTE|2013/12/16(月) 10:18 [ 編集 ]
凄いね!
(´Д⊂ヽ。。。。。昔。。。。。三菱ミニカ乗りつぶしました。。。。。フェリーに乗せて一緒に北海道周遊しました(´Д⊂ヽ。。。。。。
こんなビンテージ種(ネタ)で出てくるとわぁ(´Д⊂ヽ
う!う!U!う!嬉しかったデス^^;
次回の動画に期待して鱒ぅ^^;m_ _m
Bossa Lary #-|2013/12/16(月) 19:26 [ 編集 ]
Bossa Laryさん、
このネタに食いついてくれる人がいた!(笑)

え?ミニカ・・乗りつぶしましたか!北海道周遊、イイですねえ・・

同じタイプか、これより前の丸ライトのでしょうか? 調べてみたら、
ミニカは残念ながら2011年に販売終了になったようですね。この車、安いので
日本中を相当な台数が走ってますね。しょっちゅう見かけると思います。

最後まで58万のままだったようですが、細かいとこでコスト削ってて、
助手席のサンバイザーと乗降用のハンドルは無いし、三菱のエンブレムは
デカールに変えたりととケチケチ作戦で価格も据え置いてたみたいです。
まあ、乗用タイプじゃなくて4ナンバーの軽バンの話ですが・・
オアシス地球 #pMvxyglg|2013/12/16(月) 22:10 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/85-e2a24c97

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。