ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
「ローンはつづくよ 五輪前」というタイトルと最後まで迷いました(笑)

'65JB 11 そんなワケでこの男、ヴィンテージ65年JBを入手したはいいが弾いたのは
 4、5日ほど、どうにも各部の調整だとか金属部のサビなんかが気になって
 しょうがない。またチョーシこいていじってると壊すぞー(笑)

 それとどうしてもフレットの擦り合わせなどのリペアが必須で、これはスティ
 ングレイと'72JBをお願いしたSLEEK ELITEのPLEKにおまかせする予定。

 そんな状況ですから、普通は先に載せる全体像や重要ポイントは後回し、
 チマチマいじってる細かい部分からご紹介します。


'65JB 3 '65JB 4
 まず「オリジナルでない・その1」のストラップピンがユル
 ユルでこれは危ないのでいつもの瞬着を穴の内側に塗る。
 クッションのフェルトが付いていたが、ヴィンテージ感を損
 なうので「しゃらくせえ!」と、とっとと外す。

 「オリジナルでない・その2」のトーンノブも気に入らんので
 交換。この後目印の白いポイントを削ったりサンドペーパー
 でこすってオリジナルに偽装したが、これはうまくいった。


'65JB 5'65JB 6 ピックガードはご多分にもれず縮んで何ヶ所かビス穴から
 割れている。切り離された箇所は片方が残ってるだけでも
 ラッキーだがこんな時はワッシャーをかませてみる。

 これまたご多分にもれずピックアップ下のクッションは
 劣化してつぶれており、高さ調整に困るので厚さ2mmの
 スポンジゴムを両面テープは使わずに裏紙ごと挟んだ。
 ヴィンテージだからっていつでも元に戻せるセコイ方法を
                                       選んでいるのにお気付きのことと思う。

 さて難関は金属パーツでさすがにスゴイサビである。
                                      ▼プレート以外は「磨き後」でした
'65JB 7 '65JB 8
 これらをキレイにしてしまうとヴィンテージらしさが失われると
 言う人もいるが、ここまでヒドイと可動部分の調整に支障を
 きたす事もあり、その辺中心にやる。頑固なサビは落としき
 れないのがかえって都合が良く、確かにあまりピカピカに
 すると友人に「フェンダーJAPAN買ったの?」と言われる(笑)
 
 ブリッジ下のボディの汚れもひどいがワックスでこすっても
 落ちないのであきらめる。考えてみたらどうせ見えないし。



'65JB 9'65JB 10 以前のようなサンポールに漬けこむ方法では貴重なヴィン
 テージ・パーツを便所臭くしてしまうので、ただひたすら
 「金属磨きのピカール」で磨く。金額にして5千円分くらい
 が減ったであろう。この後のペグがまた大変だった。

 今回はビス、イモネジに至るまで「元の位置に戻す」ことを
 徹底した(笑)のでビス類は順番が狂わないよう、スポンジに
 刺しておいた。半世紀の歴史を変えることは許されないのだ。


 ●次回はサビ落としのつづきと(もういいよ)各部を!
スポンサーサイト


2013/09/08 17:53|JAZZ BASSTB:0CM:12

ブリッジのアップ画像を見て、サドルのピッチに違和感を感じたのですが、弦が通る穴にオクターブ調整ビスが差してあるのですね。
半世紀こうだったのではないでしょうけど(笑)。
F-nie #-|2013/09/08(日) 21:27 [ 編集 ]
F-nieさん、
いや、ちがうのです(汗)これ、オクターブ・ビスは差してなくて置いてあるだけです(笑)
プレートを磨く前に撮ったのですね。「誰もわからないだろう」とタカを
くくったのですが、そこに気付くとはサスガです(笑)半世紀こうだったわけではありませんのでご安心を。 
オアシス地球 #pfGu3OTE|2013/09/08(日) 22:03 [ 編集 ]

あっ、ほんとだ、差してない。安心しました(笑)。
1弦用のサドルが新しいのは気付かないふりをしておきます(笑)。

それにしても、このボディーの黄変ぶりは凄いですね。
レリック処理ではこの色合いは絶対に再現出来ません。
画像からもオーラが出まくりです。
F-nie #-|2013/09/08(日) 22:50 [ 編集 ]

アロンアルファのケースと見比べると、かなり山吹色に近い位の色合いでしょうか?
(80年代のカスタムカラーで「モナコイエロー」って濃い黄色があったなぁ)

ウチの65PBもピックガードの縮み具合が酷く、割れの発生と着脱の困難(PUと噛んでしまっている)からモントルー製の物に交換してしまいました。
レリック風加工の為ちょっと割高でしたが、ピカピカの新品よりは「らしい雰囲気」です。

外したオリジナルのPGは保管してあるのですが、そのまま収縮してしまったりするのかなぁ?と、不意に思い出して心配になったりもします。

フィンガーレストも変形していて、取り外そうと思ったらピックガードに固着していた程ですが、如何でしたでしょうか?

ブリッジ駒は入手時まさしく>可動部分の調整に支障をきたす事もあり
でして、オクターブ調整はもちろん弦高調整も出来ない状態(汗)
イモネジのマイナス溝を無理に回そうとしたようで、割れていましたから(汗)
こちらは思い切ってネジまで全部新品に交換しています、しかもジャパンで(笑)

実はブリッジベースは外した事が無かったりします・・・

すわべ #pt67g6gE|2013/09/09(月) 00:54 [ 編集 ]

いい手の入れ方だと思いますよ。錆び過ぎはやはり良くないと思います。愛情がない感じ。これらの細かい修正、改善後の弾きやすさ、音をまたレポートしてもらいたいです!
shinmei_t #-|2013/09/09(月) 08:23 [ 編集 ]
F-nieさん、
1弦用のサドルが新しいのは交換されてるのかもしれませんが
(なぜかこれだけイモネジが長い)裏側は同じようにサビてるのです。

どのサドルも裏側は比較的きれいなので1、2弦側と3、4弦側のサドルを
入れ替え、ひっくり返せばビジュアル的なバランスが取れるんですが、
「元の位置から動かさない」が今回のテーマなので(笑)これでいきたいと
思います。

> ボディーの黄変ぶり
まず一目見てコレに惚れたのです(笑)お店のホームページからも
オーラが出てましたね。お部屋のインテリアにも最適です(笑)
オアシス地球 #pMvxyglg|2013/09/09(月) 10:02 [ 編集 ]
すわべさん、
そうです、特に濃い部分はその山吹色、薄い所でもモナコイエローって感じですかね。
ただ、今回は特に各写真の色合いが統一されてませんね。

> ピックガードの縮み
おっしゃるように、私のもフロントPUの周囲が変形してPUを締め付けてるので
高さ調整しようとしても動かないんですよね。一度ピックガードを外して
なんらかの処置をしないと。ただ、手荒な真似はしたくないです(笑)

昔のピックガードはその風合いとか柄の感じとかは最高にいいんですが
経年変化による変形まではちょっと想定外だったんでしょうね。

フィンガーレストは外してないのですが、これ絶対スラップ時に邪魔に
なるかと思ったら意外にOKでした。ここに付いてる、もしくは残ってたのはひさびさかな??
オアシス地球 #pMvxyglg|2013/09/09(月) 10:59 [ 編集 ]
shinmei_tさん、
今回、「SLEEK ELITE」さんのリンク先としてshinmei_tさんの
ブログのページをお借りしてしまいました。すみません。
お店へのリンクだとパスワードを求める小窓が開いたりと面倒なもので。

サビてるのもヴィンテージらしくてイイ、と感じる一面もあるんですけどね。
信じられないほどキレイなやつとかもありますよね。こまめに手入れされて
きたんだろうなあ。
オアシス地球 #pMvxyglg|2013/09/09(月) 11:21 [ 編集 ]
見事な色合いです
本当、いい感じの色合いですね(^-^)

最近のベースで(笑)アトリエZなんかのシースルーホワイトも2~3年で焼けて黄色く変色してしまうんですが…そういう塗装なんですかね?

でもこの色合いは2~3年の焼けでは出ない感じですね。なんちゅうか風格を感じます。叩いてみたい(笑)
天災ベーシスト #R1xHvAf2|2013/09/09(月) 15:51 [ 編集 ]
天災ベーシストさん、
いや、古くはヴァーダイン・ホワイトとか岡沢章さんとか、あと松原正樹さんとかの
白いジャズベにあこがれてたんですよ。あ、忘れちゃいけない亀田誠治さんの
'66年のボロ具合も相当にカッコイイですよね。

アトリエZもラッカー塗装ですか?たしか友人のはポリっぽかったかな?
まあ白もある程度変色したら後はそう変わらないんじゃないですか?
これも半世紀はかかってないと思います(笑)叩くときはお手柔らかに(笑)
オアシス地球 #pMvxyglg|2013/09/09(月) 19:11 [ 編集 ]

白系塗装の変色で思い出すのが知人所有のストラトキャスター。
78~79年製で、塗装は当時「粘土サンバースト」と呼ばれてしまったアンティグア。
アイボリー系の白地にグレーの縁取りと言う塗装なのですが、今や内側の方が褐色に変色し、グレーはほぼそのままと言う状態です。

ウチのベースだと83年のPBエリートⅡが白なのですが、かなり黄色くなっています。
でもまだバタークリーム色と言う感じですね・・・貫禄はこちらの65JBにははるかに及びません。
まだまだ青いです(白ですが(笑))
すわべ #pt67g6gE|2013/09/10(火) 11:27 [ 編集 ]

「アンティグア」って高校生のとき、楽器屋に並んでるのを見て
友達と「ぐえ~、ヘンな色~ ぎゃははは~」とか笑ってたもんですが(笑)
不思議と今見るとそんなに悪くないんですよね。「早すぎた」色だったのか??
最近、この色復活してますよね。でもいまだに使ってる人を見たことない・・

白は真夏の野外ステージなんかだと一発で焼けるらしいですね。
早く変色させたい方は野外や路上中心の活動をどうぞ(笑)
オアシス地球 #pMvxyglg|2013/09/10(火) 14:26 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/72-96ae3488

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。