ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
.

SONIC セパレートブリッジ1 以前から気になっていたパーツのひとつにSonic (ベースマガジンの
 リペア関係の記事で有名な竹田豊氏率いるラムトリック・カンパニー
 ブランド)
のベースに標準装備されている「セパレート・ブリッジ」と
 いうのがあり、これは普通のフェンダータイプのブリッジを取付けネジ
 の脇からバッサリ切断したような格好で、サドル下のプレートを三種
 類の素材からチョイス出来るというもの。
 その素材の中のエボニー(黒檀)に特に興味をそそられた。


SONIC セパレートブリッジ2 以前はパーツとしても販売されていたが、最近はサイトを見て
 も見当たらない。入手するにはベースごと買うしかないのか?

 そこで諦める私ではない。 「無いものは作る!
 これぞベース道の基本理念である。(・・そうか?)
 ネットでの使用者の感想としては(プレートがエボニーの場合)
 「音が太くなる」「ローが出る」などのほか、「サスティーンは
 短くなる」というのもあった。 う~ん、なるほど。



sound trade8 もちろん、自分で試してみなければ実際のところは分からないし、
 「変わらない」どころか気に入らない音になる場合もないとはいえない。

 予想される音の傾向からしてぴったりくるのはやはりフレットレスだろう
 と考え、サウンドトレードのフレットレスを実験台に決定。
 気に入ってはいるが、もう少しローと音の太さが欲しいと感じちゃう事も
 あるので、効果があるのならまさにうってつけだと思う。
 


ブリッジ切断2ブリッジ切断1 まず失敗してもいいように手持ちの不要なブリッジを
 切断する作業から開始。
 厚さは2mm弱。金ノコか何かで切れるのか?と心配
 したがやってみたらあっさり切れた。
 その後、切断面をヤスリでひたすら削って平坦にする。
 必死に窓の格子を削る脱獄犯になった気分である(笑)
 一応、気持ちだけでもサビ止めをと切断面は塗装した。


エボニー切り出し1 続いてプレート部となるエボニーは2mmの縞黒檀をネットで
 発見、420円也。もっと真っ黒なのが理想だが見つからない
 のでこれは塗装により偽装することにする(笑)

 木としては相当堅いのだが、鉄を切った後なので楽勝(笑)
 いやあ、楽しい工作だなあ。切り出した後は一方の角を丸め
 切断面をサンドペーパーで磨いて整形する。本物は四隅を
 丸めてあるが、この方が「切り離した感」が強いと思うので。



エボニー切り出し2 「縞黒檀」を「本黒檀」に偽装するために(笑)手持ちの「ワトコオイル」を
 塗り、布でふき取る。これは楽器製作でも使われていてホームセンター
 などで入手可能。色はもっと黒っぽい、それこそ「エボニー」もある。

 ・・とここまで作業してちょっとした問題点に気づく。
 「ブリッジのプレートが金属以外の素材に変わった」ということは・・
 勘のいいあなたならもうお気づきですね?  簡単スギか・・
                                              (つづく)
スポンサーサイト


2012/11/17 18:29|REPAIR & CUSTOMIZETB:0CM:10

これは興味深い企画ですね、続きが楽しみです。

キチンとしたワーキングベンチが用意されているのが羨ましいです。
これが有ると無いとでは作業性(しいては安全性)が全くちがいますから・・・

>ブリッジのプレートが金属以外の素材に変わった

私の脳内ではすでに手順のシミュレート完了です。
すわべ #pt67g6gE|2012/11/18(日) 15:03 [ 編集 ]

> ワーキングベンチ
実は弟が無断で持って行ったのを今回の作業のために取り返してきました(笑)
ほんとに作業性がちがいます。

ところで問題の件ですが、まだ手を付けてないので良いタイミングでした。

「銅箔テープを残ったブリッジ金属部へ延ばす」というのを
考えたのですが、いかがでしょうか??もっと他に良い案はありますか??
「コントロール・キャビティからの穴を空け直す」というのは
ちょっと大変なので。
オアシス地球 #-|2012/11/18(日) 15:33 [ 編集 ]

>問題の件

銅箔テープで十分だと思います。

私がシミュレートした手順は「0.1mm程度の真鍮板を帯状に切り、アース線の先端にハンダ付け。その真鍮板をボディ上を這わせテイルピースに接続」です。

ブリッジプレートとテイルピース部のスキマから真鍮板が覗く形になっても、オールドJBに比べたらつつましいもんです(笑)

すわべ #pt67g6gE|2012/11/18(日) 15:58 [ 編集 ]
ありがとうございます。
どちらかの手段で行きたいと思います。
楽器のシールド板に銅が使われるのは銀に次いで導電率(っていうんですか?)
が高いからだと今回、お勉強になってしまいました(笑)

黒檀プレートを極力すき間なく、広い面積でボディに密着させたいので
小さく、薄くしたいところですね。
オアシス地球 #-|2012/11/18(日) 18:01 [ 編集 ]

私なら、導電塗料です。
ベース信号とは別系統のアースですので、導電率はあまり気にならないですから。
厚みが無いのも良いと思います。
F-nie #-|2012/11/19(月) 22:03 [ 編集 ]
F-nieさん、
じつは導電塗料というのもチラリと頭をかすめたんですが・・
結局ヤフオクで切り売りの銅箔テープが100円だったんで
買っちゃいました(笑)

検索するとこの導電塗料やら銅箔テープでキャビティ内部を
シールディングしてる人がやたらと多くて驚きました。
オアシス地球 #-|2012/11/20(火) 10:36 [ 編集 ]

私所有の物ではありませんが、導電塗料が塗布(恐らく前オーナーのDIY)されていながら、アースとの接続がされていなかったのでシールドになっていなかったと言う事が有りました。

アルミ箔でも、キッチン用の目張りテープだと表面にコーティングがされていてそのままでは導通しない物もあります。
(金属部品との接触部をサンドペーパーで削ってやらないといけない)
銅箔だとハンダ付けしやすいので、シールドに使うには楽ですが楽器側を焦がさないように気を付けて・・・
すわべ #pt67g6gE|2012/11/22(木) 11:15 [ 編集 ]

そこで諦める私ではない。 「無いものは作る!」

職人って感じのこのチャレンジグな感じ、良いですね!

相変わらずDIYの内容は付いていけなくて恐縮ですが、勉強になります。一歩一歩覚えていきたいなぁと思います。

後編楽しみにしております!
@べぇす #-|2012/11/22(木) 11:49 [ 編集 ]
すわべさん、
色々とアドバイスありがとうございます。

メーカーの量産品にもキャビティ内に導電塗料が塗布されてるのが
ありますが、中にはその濃度が薄かったり、アースとの接続がダメで
効果が疑わしいのもあるそうですね。

とりあえず今日、「試作品段階のもの」は完成しました(笑)
はんだ付けはしなくて済みましたが、一旦、黒檀の板はネジ留めせずに
この後、夜に音出ししてみたいと思います。ドキドキ・・(笑)
オアシス地球 #-|2012/11/22(木) 17:35 [ 編集 ]
@べぇすさん、
> 一歩一歩覚えていきたいなぁと思います
いや、別に覚えなきゃいけないようなことなんて書いてませんから(笑)
私も結果がどうなるか分からず、けっこう手探りの状態だったりします。

あ、それとこちらでレスしてすみませんが、正月の件はすわべさんも
快諾していただきましたので、ぜひ楽しく有益な一日を過ごしましょう(笑)
どちらかというと私は2日の方がいいのですが、一部大手楽器店しか
営業してないのが悩ましいところです。3日の方がいいかなあ??

「楽器持ち寄り」もいいと思うんですが、まあ当日までに検討しましょう。
オアシス地球 #-|2012/11/22(木) 17:59 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/33-3317f347

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。