ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
.

コンデンサー 4 さて、「マニアックなのもたいがいにせえよ」と言われそうな
 今回のテーマでありますが、もう一回だけお付き合いを。

 私は昔からパッシブのベースは「ボリューム、トーンともフルテンで使う
 もの」だと思っていたが、パッシブの奥の深さが解かりはじめたのか(?)
 柔らかめの音も出したくなり、ベースによってはトーンを絞りきった時に
 もうちょっとこもって欲しい、とまで感じるようになった。
 楽器店で相談すると「コンデンサーの容量(値)を大きい物に交換すると
 いい」と言われた。まさかコンデンサーで音が変わるとは知らなかった。
 


コンデンサー 3 やってみると、やはり大きく変わるのはトーンを絞りきった時の
 こもり方だが、回していった時の「音の途中経過」の具合とか
 フルの状態ですら大きく変わることもあるのでビックリ。

 パッシブのベースのトーンにはたいがい0.022μFか0.047μFと
 いう容量の物が使われていて、サウンドトレード(のトレブル)
 は0.022μF、フレット付きならいいのかもしれないが、フレット
 レスではもう少し柔らかめになって欲しい。


                     コンデンサーの交換作業は二箇所のはんだ付けだけなのでとっても簡単。
コンデンサー 2 最初、一気に0.1μFというのに交換したらいきなり音がまんまるになってし
 まい、やはり音のエッジの部分が残ってくれないと困るのでその後、0.068、
 0.056、0.047μFというのを順に試すが、0にしてたトレブル、リアPU側に
 回しきってたバランサーに調整幅が出てきたりして一つに決められない。

 「ワニ口クリップ」を使ってコードを外に引き出して次々に試し、取り付け
 てみても、なんとなくさっきのヤツの方がいいような気がしてやり直し・・
 これが世に言う「恐怖のコンデンサー・底なし沼」である(笑) 



コンデンサー 1 右はフェンダーのヴィンテージベースに使用されてるコンデ
 ンサーをざっと年代順に並べてみたもの。(同年でも色々)

 こうして見るとタイプだけは適当にある在庫を使っただけ、
 にも思えるが、容量はやはり0.022と0.047μFか、近い値が
 ほとんどである。この二種では音のニュアンスが変わるので
 楽器の作り、弾き手のニーズや流行の音楽に合わせた選択
 だったのか、そうでもないのか(笑)
 丸くてペタンとしたセラミックというのが安価なためか圧倒
 的に多く、中段の比較的珍しい物も含め、入手困難な物は
 現在も「ヴィンテージ価格」で販売されている。



                    このコンデンサー交換、手軽に安価で出来るのでピックアップなぞ替える前に
sound trade13 やってみる価値はある。ただし懲りすぎないこと(← お前だよ)、高いからいい
 という物ではないし、大きいから、古いから音がいいわけではない。(← 同)

 というわけで、私のフレットレスはすっかりお気に入りの1本となり、夜な夜な
 「ブリブリ音」を楽しんでいる。
 さて、すっかりコンデンサーの話になってしまいましたが・・

 三回に渡ってお送りしました賛否両論ベース「サウンドトレード」、結論は
                    読んでるあなたの方がとっくに気づいてる、このひと言でシメましょう。

                      「自分がいいと思ったものはいい」(笑)
スポンサーサイト


2012/10/13 17:30|SOUND TRADETB:0CM:16

ハマっていますね。コンデンサーの泥沼に(笑)。
Moldedは以前持っていた71JBにも付いていました。
ポットを換えるとフルテンでも音質が変るという私からのアドバイスは、聴かなかったことにして下さい。さらに深い沼ですから(笑)。
F-nie #-|2012/10/13(土) 17:45 [ 編集 ]
F-nieさん、
こっそりと一つ、関連記事にリンクさせていただきました(笑)

> ポットを換えるとフルテンでも音質が変る・・
たしか、「国産のポットとジャックをCTS、スイッチクラフトに交換すると
全体的に音がスッキリする」とリペア屋さんが言ってましたけど・・
まあ、微妙な差でしょうし、耐久性、信頼性の方が大きいのかなあ?

今回のヴィンテージコンデンサーの画像の中段・右端の
シルバーのがカッコいいんですが(笑)これ、海外では安く売られてるのに
国内では見かけませんね(?)・・ああっ、さらに深い沼に・・(笑)
オアシス地球 #-|2012/10/13(土) 18:51 [ 編集 ]

「ワニ口クリップ」を使って・・・。誰かがやっていたと思ったら私でした(笑)。

ボットを換えるというのはポットの抵抗値を変えるとしてください。
抵抗値が大きくなればフルテンの時でもコンデンサーの影響が少なくなり、抵抗値が小さくなればモコりが多くなります。

シルバーのコンデンサーは確かに私の72JBに付いています。スペアでも持っています。カッコ良いですよね(笑)。
F-nie #-|2012/10/13(土) 19:20 [ 編集 ]
ああ、そうか!
よく250KΩのを500KΩに替えるとかいう、アレですね。
いや、じつはですねえ、もう少し黙ってようと思ったんですが(笑)
私も5月に72年のジャズベを入手してまして、まあPUザグリがあったり、
コントロール系をいじってあるので安かったんですが、このJBが
ポットを500KΩに替えてあり、一度全部元の状態に戻そうと、250KΩに
してみたんですが・・この年代って、元々音が硬いせいか分かんなかったです(苦笑)

このベースもビタミンQというコンデンサーに替えられていて、(容量は同じ0.022μF)
これもハイがキツイので0.047μFのセラミックに替えました。

おそらく、オリジナルはシルバーのコンデンサーでしょう。
ナニ!? スペアを持ってらっしゃる?どこで買われたんですか?
ていうか、もしかして要らないのでは?(笑)

オアシス地球 #-|2012/10/13(土) 22:11 [ 編集 ]

私所有の83年製プレシジョン・エリートⅡのトーンコントロールが変わっていまして。
http://black.ap.teacup.com/kaminarioyaji/166.html

2PUのトーン回路がそれぞれ独立しているのに1軸2連ポット(250kΩで0.047μFオレンジドロップ)で同時に操作される「1コントロールの2トーン」と言う変な回路でして。
さらにそのコントロールがそれぞれのPUに対して有効になるように切り替える「トーンアサインスイッチ」が用意されています。
つまり、スイッチの操作次第では「トーン回路がキャンセル(バイパス)される」と言う事になるのですが・・・トーン回路をバイパスすると、結構耳障りな高域が出てしまう=トーンは10でも意外にマイルドな音になっているのだなぁと実感しました。

竹の定規が渋いなぁ(笑)
すわべ #TbW5GI3c|2012/10/13(土) 23:55 [ 編集 ]
プレシジョン・エリートⅡ
たしか、その記事は読んだような気がします。
その前の「スペシャル」といい、この頃ってちょっと
フェンダーが苦悩&迷走してるような時期なんですかね?
でもめったに見かけない珍品だし大切にしてください(笑)

たしか、クロ〇ワ楽器におそらく今も売れ残ってるであろう、
JAZZ BASS SPECIAL、弾いてみたけど他に並んでた
ヴィンテージよりよっぽど良かったですよ。
色もスケベゴールドだし、お金があればなあ・・

ところで、こんなにコンデンサーに悩むくらいなら3種類くらいの
物をスイッチで切り替えられるようにすればいいと思うんですが、
ギブソンのEBなんかに付いてるロータリースイッチみたいに。
うわ~、そんな大ゲサなことしたくない(笑)
オアシス地球 #-|2012/10/14(日) 09:55 [ 編集 ]
コンデンサーの奥が深すぎて・・・
「自分がいいと思ったものはいい」(笑)

私はこれで総括!(笑)
@べぇす #-|2012/10/14(日) 22:25 [ 編集 ]
ちょっとクサかったですね(笑)
「結局それかよ」って感じで・・

サウンドトレードの謎は解明されないままだし・・
やっぱりこのベース、実際に弾いてみると気に入る人、全くダメな人がいる理由が
なんとなく解かる気がします。ジャパン・ベース界に咲いた、一輪のアダ花でしょうか??
オアシス地球 #-|2012/10/15(月) 09:19 [ 編集 ]

実は「コンデンサの容量そのものを変化させると言う手もあるのではないか?」と考え、バリコンをトーンコントロールに使えないか実験した事が有ります。
古いトランジスタラジオから外した選局用のバリコンで、容量が不明だったのですが多分250pF程度だったと思われます。

容量が小さすぎてハイカットではほぼ無意味(笑)
ローカットに使うならコンデンサが可変で有る必要は無いと言う皮肉な結論に(笑)

件のサウンドトレードは、今回のレポートの印象からすると真っ当な実用モデルで、決してアダ花ではないと言う印象です。
賛否両論が有るのは、独特のクセがあるのかな?
その「クセ」が微妙なほど、センシティヴな奏者からの評価が分かれやすいのかも?と思います。

もっとも、私が「アダ花」と捉えるのは他の人から見た「キワモノ」なのかも知れませんが(笑)

自分が弾いたらどんな印象を受けるかな?と言う部分では非常に興味が有ります。
すわべ #TbW5GI3c|2012/10/15(月) 12:02 [ 編集 ]
うわ、そんな研究まで・・
やはり「サイエンティスト」というのは見た目だけではなかった・・(笑)

サウンドトレード、やはりフレット付きも弾いてみないとなんとも
言えないところはあります・・ので、絶えず何かイイ出物を狙ってます(笑)
余計に謎が深まる可能性が高いのかもしれませんが。


オアシス地球 #-|2012/10/15(月) 16:45 [ 編集 ]

以前、ヤフオクでジャンク・パーツ一式というのを購入したのですが、その山(?)から72JBのポット2つ、コンデンサー、シールトプレート、ストラップ・ピン、ビスその他を“発掘”しました。
お宝なので、もう少し手元に置いときます(スミマセン)
F-nie #-|2012/10/15(月) 20:33 [ 編集 ]
え~!? (◎皿◎)ナンデスト!
そんなお宝が!!
F-nieさん、オクでそういうの見つけるのうまいですよね!

私もいつか必ず、あのシルバーでかっこいいコンデンサーを
ゲットしてみせます!(笑)
オアシス地球 #-|2012/10/15(月) 22:21 [ 編集 ]

同じくTypeBフレットレスを気がつけば21年使っていました。ユーザーの一意見書かせてください。
創業者小島さんは不思議な方でした。
指板はローズかメイプルか聞いてくれるのですが違いを聴くと「見た目」と答える方でした。
録音されたベースを聴いてメープルか、アルダーかわかる人っているんですか?ともおっしゃってました。
彼のこだわりはただ一つ
クラフトマンシップでした。
先日遊びに行った大手楽器屋ではメンテナンスが外注だったりしましたが
彼の場合全て自身が手掛けてくれてた様で
僕のような初心者でもしっかり対応してくれてました。
ただ
購入当初は良く暴れました。
ネックが全く落ち着かずすぐにそりました。仕掛け満載のネックだったようで関係者以外触ることができないようです。購入から3年近く愛憎関係にありました。
でも
バンドのメンバーから指名が相次いだためやむを得ず使用を続けました。
一番の長所はその音圧
通常のベースの1/3くらいの音量で十分なんです。好きな音、嫌いな音はさておき
良い音悪い音って大事です。
長い文章になってしまいましたが
要するに小島イズムの塊なので
そこの根本を無視すると二束三文になる
職人気質のベースだと信じています
#-|2012/10/25(木) 03:06 [ 編集 ]
コメント、ありがとうございます
はじめまして。TypeBの、しかもフレットレスをご愛用ですか!

> 録音されたベースを聴いてメープルかアルダーかわかる人っているんですか?
いや、そりゃそうかもしれませんけど(笑)いるんですよねえ、楽器に限らず、
そういう職人気質のガンコな人が。

> 仕掛け満載のネック・・
これ、時々耳にしますが本当だったんですか。私も入手した時、けっこう順反り
してたのでネックを外してロッドを回そうとしたのですが、なんかヘンなんですよ。
あまりに固いのでまさか回しきってるのかと思いましたがいじった形跡はないし・・
中を掃除してグリスを付けたらなんとか修正出来る程度には回ったのですが、
それでもどこかヘンなんです。この次反った時はどうなるか・・

「バンドのメンバーから指名が相次いだ」との事、これはとても重要かつ
うれしいことなんですが場合によっては厄介な場合もありますよね(笑)

> 音圧がある
確かにその通りですね。リアPUメインで使うと、ものすごく音が前に出てきます。
ただ、フレットレスだとちょっと音が硬すぎてこもりきらないような
ところはありませんか?

> 小島イズムの塊なので そこの根本を無視すると二束三文になる 職人気質のベース
結局、そこらへんに共感できないとヒドい意見につながってくるんでしょうね。

非常に説得力のあるコメントだと思いました。またお待ちしておりますので
よろしくお願いいたします。
オアシス地球 #-|2012/10/25(木) 10:53 [ 編集 ]
いつも拝見
コメント初めましてm(_ _)m
いつも拝見させて頂いてます
大変勉強になります
これからも宜しくお願いしますm(_ _)m
Bossa Lary #mQop/nM.|2012/11/14(水) 02:51 [ 編集 ]
Bossa Lary #mQop/nM.さん、
はじめまして。ありがとうございます。
え~? 勉強になりますかあ?(笑)いや、そう言っていただけると
励みになりますし、また「やる気スイッチ」が入るというものです。

楽器とかオーディオの音の世界というのは非常に主観的なものですので
「これは絶対いい・悪い」とは言い切れない場合も多いと思います。
このブログに書いてることも多分に大ウソが含まれてる可能性はあります
ので情報は取捨選択のほど、お願いいたします(笑)

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。
オアシス地球 #-|2012/11/14(水) 09:35 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/28-9ec905de

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。