ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 「下の画像をクリックすると、
  前から撮った写真に変わりま・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
.

boss fv100 1boss fv100 2boss fv100 8boss fv100 3


boss fv100 5 私の場合、いっちょまえにフレットレスなんぞも使用するので
 LIVEでは最低でもフレット付きと2本は持ち替えることになる。
 本当は何本も使いたいのだが、3本以上になるとちょっとイヤ
 ラシイし(笑)場所は取るし、ギター氏の楽器持ち替えもあり
 MC担当のパーカス氏が「曲間が空いて困る」と嫌がる。

 ベースの持ち替えには過去、ラインセレクターやA/Bボックス、
 小型ミキサーを使ったりしたが近年はボリュームペダルで信号を


boss fv100 4 オフり、ベース側でシールドを抜き差ししていた。この方法ではちょっと手間
 取るのと、特にアクティブ/パッシブではベースの音量の違いという問題が残る。

 たまたまBOSSのFV-100という旧式ペダルの新古品を入手し、検索してみると
 あまりにも中がガラガラなのを利用して他のエフェクターやらチューナーなどを
 内蔵してる人も多い。「これに音量・音質調整可能なセレクターでも合体させれ
 ば、無敵のベース・チェンジマシーン」が完成するのでは!?」と即、作戦開始。



boss fv100 6 FV-100の中身はご覧のように本当にガラガラである。最小音量
 を調節するミニマム・ボリュームは「しゃらくせえ!」と撤去(笑)、
 実はできればチューナーも内蔵したかったのだが結線方法が
 わからず今回は断念。

 さて、音量・音質調整のキモとなるセレクターには「Boot-Leg」
 Buff & Loop・B&L-1.0 が安売りされてたので決定。使ってる人
 を見たことないが(笑)品質はいい。一応定価24000円ですもの。



boss fv100 7 で、そのパーツをごっそり取り出して内蔵するといってもどこに結線するのか
 迷ったが、「これは最終段のボリュームポット~アウトプット間しかないだろう」
 と判断、やってみたらすんなり完成。問題なく音も出た。高校の頃、物理や数
 学は赤点ばかりだった私としては目を見張る成長、といえるのではないか。

 さっそく先日のLIVEで初使用、スティングレイとサウンドトレードのフレットレス
 のバランスもバッチリと調整できた。目下これは商売にならないかと画策中(笑) 


          あなたの  ベース見せてください 第四回    詳細は すわべ氏のブログ記事 にて

ampeg crys 1ampeg crys 2 今回はスケベースの中の新ジャンル、「透けベース」(笑)の
 アンペッグ・クリスタルベースをご紹介。オーナーは先日私の
 「KUSTOM ベースアンプ」をお買い上げいただいたすわべ氏。

 正確には「ADA4 LUCITE BASS」という国産の再生産もの。
 写真のブリッジが本当にどーしよーもなかったそうで、その
 苦難の改良過程が氏のブログで読めます。
 まあ、このルックスなら今夏のような猛暑には部屋に立てか
 けておくだけで涼しげ、エアコンの設定も28℃で充分、という
 「地球温暖化防止・クールビズ・ベース」とも呼びたい1本だ。
スポンサーサイト


2012/09/15 18:44|EFFECTS PEDALTB:0CM:4

>FV-100
まったくもって無駄に余裕の有るサイズですよね(笑)

私はチューナーを内蔵させていました(型番判明! KORG DT-2でした)
これがまた「インプットとアウトプットは単なるパラレル接続でノイズ漏れまくり」と言う、今では卒倒モノの仕様でして。
信号の逆流を嫌ってFETの1石バッファを噛ましたりしました。
この辺、20年前から思考が変わっていないと実感します(笑)
分解したプラ製の筐体をノコギリで切って、模型用のプラ板を継いでパテ埋め整形して、スノコ状の隙間に差し込んでウラから接着と言う乱暴な工作で(笑)
どこかに仕舞ってあるんじゃないかな?とは思うのですが、探してまで引っ張り出す気は有りません(笑)

>東コス
RV24シリーズはとても優秀なポットですよね。
密閉されているのでゴミ混入の可能性がゼロ=ガリとは無縁。
トルクが重めなのは、ちょっとの衝撃で動いたりしないように。
これは元々無線機用に開発された物で「いざ緊急連絡発信」の時に通じませんでは困ると言う事から、厳しい要求をクリアした仕様なのだそうです。

でも、筐体に相当な余裕が無いと使いにくいんですよねぇ・・・それに結構高価ですし・・・

透けベース、入手直後の画像ですね!
紹介頂きありがとうございます。
そのうち、KUSTOMとコヤツの組み合わせで音源をUPしてみたいと思っています。
すわべ #pt67g6gE|2012/09/15(土) 23:26 [ 編集 ]
FV-100、
私はルックスも含めて好きなんですよ。運良く楽器店に箱、
保証書(笑)付きのデッド・ストックが残ってたんですよね。

その前にKORGのあのバカでかいVoペダルを持ってて、中を開けたら
基板が折り重なってる状態で、とても私には改造など無理でした。

FV-100はどうやら途中でチューナーアウトが付くというマイナーチェンジが
あったようですが、これ、ちょっと音質劣化の元になるという人もいますね。
チューナー内蔵にも挑戦してみたいですが、なんか大変そうで・・

> スノコ状スリット
私はここにフット・スイッチを付けたのですが、デカいワッシャーをかませました。
ここにうまいことグラフィック・イコライザーを付けたらどうでしょう(笑)

> 東京コスモスのVo.ポット
写真で見ただけで型番までわかるとはサスガです(笑)
これたしか使えるのを探すのに苦労しました。ヤフオクで格安のを
見つけましたがかなり古い物でした。
私のは「厳しい要求をクリアしたVoペダル」ってことですね(笑)

KUSTOM & 透けベースの対決、楽しみにしています。
オアシス地球 #-|2012/09/16(日) 10:09 [ 編集 ]
フットボリューム
中身をこういった形で改造することが可能なのですね。フットボリュームにもこれだけ拡張性があるのでれば、色々工夫が出来そうですね!
WAXXさんでのMODにおいてもバッファーを組み込んだものが、確かBOSSのフットボリュームであったと思います。

to すわべさん

KUSTOMとスケベース対決って熱いですので、楽しみにしております!
@べぇす #-|2012/09/16(日) 23:57 [ 編集 ]
WAXXさんのモディファイって
いいですよね! いつも指をくわえて見ています(笑)
ただまあ、今のところ私のVoペダルが最強ということで(笑)
オアシス地球 #-|2012/09/17(月) 19:16 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/24-20426bd9

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。