FC2ブログ

ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告

 STINGRAY プロトタイプ
 これがSTINGRAY BASSのプロトタイプらしい。
 ( 画像は LA TRAVEL 2-2 of 氣卓部 様よりお借りしました )

 この試作品はフェンダー社の創始者であり、その後ミュージックマン、
 G&Lを設立した故・レオ・フェンダー氏の研究室がG&L社内に残さ
 れており、そこに保管されてるらしい。
 よく見ると全体の形状はすでに完成品と同じだが、プレシジョンタイプ
 のピックアップがリバースで取り付けられている。

 普通、見慣れたベースのPUが変るとヘンなものだけど、これはやけに
 カッコイイと思う。このモデルを製品化したら売れると思います。


 STINGRAY '79 消えたスカンク? 2
 さて、このベースにはもう一つヘンな点が・・

 なんとネック裏の「スカンク・ストライプ」という
 ラインが途中で消えててギョッとした(笑)
 「まさか、描いてあるのがこすれて消えたのか」
 と思ったがそんなワケはない。どうやら、素材の
 ウォルナットの色が抜けてしまったらしい。

 (スカンク・ストライプとは、ネックにトラスロッド
  を仕込んだ溝を木材で埋めたラインのこと)


STINGRAY '79 ブリッジ・PU
 でもこのスティングレイ、音はなかなかに良い。
 昔持ってた初期型のものは指弾きではズ太いのに、チョッパーに
 切り替えるといきなりペンペケの軽い音になってしまい、まあその
 音こそスティングレイの音なんだけどバンドの中では使いづらかった。

 そういう声が多かったのか、この時期の内蔵プリアンプは改良されて
 明らかに中音域が張り出している。その分個性は失われたけど・・



STINGRAY '79 ヘッド 1  プレ・アーニーのスティングレイで気になるのはやっぱり
 ネックの状態だが、それをオークションで買うのだから
 バクチ以外の何物でもない。が、これはかなりイイ方だ
 と思う。購入後、今までめったに反ったりしない。

 とは言え、やはりちょっとビビリが気になって弦高が下
 げられないので知り合いのリペアマンにフレットの擦り
 合わせを頼んだのだがどうも今ひとつだった。

 そこで、前から気になってた「フレット自動擦り合わせマシーン」の
 「PLEK」
ならイイ線いくのでは、と考えてお願いしてみることにした・・
スポンサーサイト


2012/04/17 19:12|MUSICMAN STINGRAYTB:0CM:0

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/2-0f5c21ec

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。