ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
-
-

KUSTOM1 『おはよう、オアシス君。

 当局は先ごろ、君がまた性懲りもなくヤフオクで「KUSTOM」の
 古いベースアンプを衝動買いしたという情報をキャッチした。

 1万円という破格の値段ではあったが、1972年製ではさすがに
 音が歪み、酷いノイズだったそうだね。君は返品も断られ、
 出品者とケンカした。いいトシして大人げないぞ、オアシス。
 その名前らしく、古い品をなんとか直して使うという「地球に
 やさしい」考え方は出来ないのか?
                                                     ヤフオク出品時の画像
 そこで今回の君の使命だが、その骨董品級のボロアンプから                 
KUSTOM2 歪みとノイズを取り去り、40年という年季の入った外装その他
 を修繕すること。そして最も重大な任務は、大きさのワリに超
 ヘビー級の重量をなんとかして減らすことにある。

 例によって君、もしくは君のバンドメンバーが運ばされ、あるい
 は腰を痛めても、当局は一切関知しないからそのつもりで。
 なお、君のヤフオクの評価は自動的に消滅する。成功を祈る。』



KUSTOM6 「KUSTOM」は60~70年代に当時としては珍しいトランジスタアンプで
 一世を風靡したアメリカのメーカーだが、なんといっても特徴的なのは
 まるでアメ車のシートかソファー、はたまたダウンジャケットを思わせる
 ド派手なビニールの外装で、見た目の存在感は他を寄せつけない。
 サザンロックのCCRが愛用、また最近ではCHARのバンドの澤田浩史
 氏がプレベでブリブリ鳴らしていて驚いた。

 現在も製品はラインナップされているが、全く普通の外観のアンプにな
 ってしまったのが残念。今こそレインボーマンと共に甦ってほしい(笑)



KUSTOM4 最もポピュラーなタイプは上の画像の縦長のセパレートだが
 私のは「Charger」というコンボで「普通のギターアンプより
 一回り大きいくらいだろう」と思ったら、二回りはデカかった。

 音はとにかく古臭いが独特のディープな低音は最近のアンプ
 では出ないものだと思う。そしてものすごく重量がある。
 冒頭の「指令」にあるとおり(笑)、ノイズが酷い点は格安の
 アンプ修理業者を見つけてシャーシ部のみを送り、怪しいと
 思われるパーツを交換してもらうとスッキリ直ってしまった。



                         次の問題は音の歪みだが、やはりスピーカーが怪しい。
KUSTOM3
 昔のFenderのアンプ同様、KUSTOMも様々なメーカーのSPを採用
 していてALTEC、JBLなどの搭載機種もあるが私のはCTS社の15
 インチ一発。 CTSとはあのポットで有名なメーカーだと思うがSPを
 作っていたとは知らなんだ。
 早速バックパネルを外してSPを取り出してみるがシロートが見た限り
 では破れなどもない。ただ1972年製というから40年前の品、カサカサ
 に乾いていてちょっとでも触るとパリッ、といきそうだった。風化してる
 のか?どっちにしても交換だな・・

 1万円のアンプにそれ以上の価格のSPを付けるのは私のポリシーに
                         反する(笑)すると運良くネットで「Eminence」のSPが投げ売りされて
                         いるのを発見した!                
                                                               (つづく)
スポンサーサイト


2012/07/28 20:00|BASS AMPLIFIERTB:0CM:16

一番上の画像、リッケン4001にカールコードと言う組み合わせはツウ好みだなぁと思うのですが、カールコードにモンスターケーブルのケーブルタイ(赤いの)を付けているのが惜しいです。
と言うかカールコードをどう言う風に巻いてケーブルタイで結ぶんだろう?

もとい。

時々覗くM田の中古屋にKUSTOMのギターアンプ(コンボのChallenger)が在庫していました。
今デ○マートを覗いてみたら、まだ在庫しているようです。

修理出来たのは幸いですよ!
この時代のトランジスタアンプだと、場合によっては直せないですから。
真空管を駆逐した筈のトランジスタが、こと楽器用アンプに於いては絶滅していて、むしろ真空管アンプの方が修理出来ると言うのは何とも皮肉です。

スピーカーだと、ダンパー辺りが劣化して裂けかかっているか、部分的に切れている可能性も有りますね。
切れたスピーカーは酷い音がします。
また、劣化して脆くなっていると一部が裂けたらそこから裂け目が広がり、あっという間に崩れます。
ええ・・・体験者です(苦笑)

以下余談ですが。
まだファズが無かった時代、リンク・レイと言うギタリストは「より強い歪が欲しい」とスピーカーをナイフで切って録音していたそうです。
その曲は「ギターの音が暴力的だ」と、インスト曲なのに放送禁止になったと言う逸話も・・・(URL参照)
すわべ #-|2012/07/28(土) 23:59 [ 編集 ]
今回記事は
前の持ち主にこそ、見てほしいです(笑)
最初にやった「謎のスティングレイ」もそうですけど。

すわべさん、まず最初の画像、よくリッケンとわかりましたね!
このベースなんだろうと思ってました。このアンプには
フェンダーよりリッケンあたりが似あうのかもしれません。
モンスターケーブルのケーブルタイなんて一体何人の人がわかるのか(笑)

ノイズの修理は愛知の業者さんでこれも1万円ほどで直りました。
良心的なところが見つかってラッキーでしたよ。普通、この額では直りませんね。

スピーカーがこれまた厄介で・・まあ、40年間酷使されて寿命だったんでしょうね。
これもよくヴィンテージにこだわる人がいますけど、無論、歪みさえしなければ
オリジナルに越したことはなかったんですけどねえ。

> スピーカーをナイフで切って録音・・
ひえ~・・(笑)そういえば、聴きようによっては悪い歪みではなかった気もします。
先日、スティングレイの電池が消耗した時の歪みもなかなか良かったですよ(笑)
#-|2012/07/29(日) 10:22 [ 編集 ]

>最初の画像、よくリッケンとわかりましたね

そりゃもう特徴が(笑)
この個体はブリッジ(テイルピース)がかなり浮いていますね。
物によってはそのまま折れてしまう事も有るようです(汗)

>このアンプにはフェンダーよりリッケンあたりが似あうのかも

それ、当たってると思います。

かのステュ・クックの使用していたPBのフロントには、リッケンのトースターPUが追加されていました(これを含め、PUレイアウトが「RPP」と言うユニークな状態に。URL先参照)
一時期リッケンも使用していたようですし、相性が良いのかも知れません。
すわべ #pt67g6gE|2012/07/29(日) 11:02 [ 編集 ]

> この個体はブリッジがかなり浮いていますね。
物によってはそのまま折れてしまう事も有るようです・・

KUSTOMアンプ出品者の方、そういうことだそうですのでご注意を(笑)

> ステュ・クック・・ これまたCCRつながりでしたね。しかしPBに付けるとは!

レス付けるの忘れましたが、
> M田の中古屋にKUSTOMのギターアンプ(コンボのChallenger)が在庫していました。

ギターアンプは国内でもチラホラ見かけますね。しかしさすがに状態のいい物はめったにないです。
次回詳しくやりますが、みんな外装のビニールがボロボロになってますね。

オアシス地球 #-|2012/07/29(日) 12:05 [ 編集 ]
文章のくだりが
とてもツボでした(笑)

KUSTOMというアンプ・・・存じ上げませんでした。修理後の状態とても楽しみにしています!

to すわべさん

このスチュ・クック氏・・・存じ上げませんでした(汗)調べたところCCRは受賞歴もあったりと素晴らしいバンドだったんですね。もう少し調べてみます♪そのクック氏、面白いベースをたくさん所有してますね。
@べぇす #-|2012/07/29(日) 20:58 [ 編集 ]
@べぇすさん、
ありがとうございます(笑) 「スパイ大作戦」はご存知・・ですよね?
トム・クルーズの「MISSION IMPOSSIBLE」しか知らないとか??(新作もありますね)

「レインボーマン」もご存知ないかなあ?これまた40年前だし・・
でも、私が「月光仮面」を知ってるように、あるいは??(笑)
オアシス地球 #-|2012/07/29(日) 22:46 [ 編集 ]
スパイ大作戦
もちろん存じ上げております(笑)

>おはよう、オアシス君。当局は・・・

このくだりからまさにですね。内容でさらに楽しく読めて、毎週のアップが楽しみにしている理由がここにあります♪内容もとても勉強になりますし、いつもありがとうございます!

私の世代だとフラッシュマンやダイナマンとかです。
@べぇす #-|2012/07/29(日) 23:25 [ 編集 ]

音楽仲間でも、ちょっと年上の方達だと熱心なCCRファンが多いんですよ!
70年代のアメリカンロックを語る上でも絶対に外せないバンドですし。
代表曲の一つ「雨を見たかい」は、当時の時代背景から放送禁止にされていたりもします(この「雨」はベトナム戦争でのナパーム弾を示すと言われているが、ジョン・フォガティは「単に天気雨の事」と政治的メッセージを否定しています)
サンフランシスコ出身なのに、わざわざ南部訛りで歌ったりする為に南部出身のバンドと思われる事も多いそうです。

>スパイ大作戦
私は5拍子をこの曲で覚えました!(笑)
リメイクの映画版で4拍子になってて「あれれ?」と違和感(苦笑)

>レインボーマン

小学生(1~2年?)の時、ライン引き用の石灰をかぶって「ヨガの眠り」をやった者がいまして。
石灰が目に入って大騒ぎになりました(生石灰だったら失明の危険がある)

色違いの7人編成だと「忍者キャプター」も忘れないで下さい(笑)
あ・・・レインボーマンは1人が7種の化身であって7人編成じゃないか(汗)
すわべ #TbW5GI3c|2012/07/30(月) 01:05 [ 編集 ]
@べぇすさん、
内容は絶対勉強にはなりませんよ。間違った知識を植えつけられる場合もあります(笑)

> 私の世代だとフラッシュマンやダイナマンとかです。
・・うわ~、そうか~(笑)
オアシス地球 #-|2012/07/30(月) 09:41 [ 編集 ]
すわべさん、
記事中ではいかにもCCRについて詳しいような書き方してますが
実はほとんど知りません。最初「PPM」みたいなもんかと思ってましたから(笑)(PP&Mか)
「プラウド・メアリー」は中学でバンド始めた早熟な友人たちが演ってました。

> [レインボーマン」 ライン引き用の石灰をかぶって「ヨガの眠り」をやった者がいまして
おバカですねえ~(爆)私も相当バカなことやったクチですが、とてもそこまでは・・

この番組、中一の時にリアルで第一話を観て「なんじゃこれ」と思った記憶があります。
主人公の演技がやたらと暑苦しく、天下の東宝製作のワリにやっぱり
低予算丸出しで、あの7体の衣装だけで制作費使い切ったような内容でしたね(笑)
オアシス地球 #-|2012/07/30(月) 10:03 [ 編集 ]

以前の私のブログで、映画“DREAMGIRLS”に映っているベースを紹介したのですが、そこにもKUSTOMのべーアンが映っています。エントリーではCUSTOMと記していますが・・・(汗)。

http://fender1961.blog97.fc2.com/blog-entry-143.html

F-nie #-|2012/07/31(火) 22:29 [ 編集 ]
F-nieさん、
私はビヨンセちゃんの大ファンだというのに、「DREAMGIRLS」を観てないのです。
良い事を聞きました。今日は週に一回「TSUTAYA」へ行く日なので借りてきます(笑)

この画像で見る限り、大きさは私の「Charger」と同じくらいですが
2チャンネルにも見えるので、ギターアンプの可能性もありますね。
まあ、映画の撮影だと「あてぶり」ですから関係ないし、ギター、ベースどちらも
使えるモデルもあったようです。しかし時代設定に合わせてKUSTOMを登場させると
いうのはうれしいですね。
ぜひ、ビヨンセちゃんとKUSTOM中心に観てみたいと思います。

オアシス地球 #-|2012/08/01(水) 10:07 [ 編集 ]
すみません・・
じつは書きかけの次の記事を「下書き」でなく「公開」で保存してしまったため、
完成されてない記事がアップされてしまいました。パンツを脱ぐよりも恥ずかしい行為です(笑)
いったん引き上げて、明日(土)夜は町内会の盆踊りのため(笑)早めに昼ごろにはアップいたします。  
失礼いたしました。
オアシス地球 #-|2012/08/03(金) 23:01 [ 編集 ]

パンツ脱いだところ見ちゃったよ・・・(笑)
すわべ #pt67g6gE|2012/08/04(土) 00:33 [ 編集 ]
いや、(汗)・・
まさかツッこまれるとは・・(苦笑)
オアシス地球 #-|2012/08/04(土) 09:25 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2013/06/13(木) 09:06 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/18-b6a24112

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。