ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告

Veillette 2 Veillette 12
 過去記事・ 前編   後編

 昨年暮れから進めていたフレットレス アコベ のブリッジ交換作戦、
 ようやく完成したのでここにご報告いたします。

 ブリッジ ~ テールピース間の距離が長く、EX.ロングスケールの
 弦しか使えないのをなんとかしよう、というのが主な理由でしたが
 写真のように弦のボールエンドが丸見えになると意外にカッコ悪い
 (笑)のは想定外でしたが、一応の目的は達成できたかと・・




Veillette 3 Veillette 14
 ウォルナットのブロックを削り出し、中国製激安ブリッジのプレート
 を挟み込んで5箇所でビス止め。ビスの頭がちょっと浮いてるの
 はご愛嬌(笑) オリジナル同様、スライド式で取り外し可能。

 ブリッジ・プレートのオクターブ調整ビスの穴など使わない穴は
 エポキシにラッカーを混ぜてふさぎ、茶色に塗装した後「フローリ
 ングの傷隠しテープ」で一見、木製に見えるよう偽装した(笑)
 
 一番苦労したのはこのプレートが入るスリットを掘る作業だった。



Veillette 15 Veillette 16
 テールピース からブリッジへの角度がキモチきつくなったので指
 先が感じるテンションもちょっとだけ上がった気がする。

 このベース、ブリッジサドル下のピエゾPUがシビアで3弦の音が
 デカかったり、バンドの中では音が前に出づらいなど、まだまだ
 研究の余地があるがこのジャンルのベースは面白いっスよ。

 まだロングスケールの弦を調達しておらず、応急的に前の弦を
 切って張ってみたので特に太いB弦はご覧の有様・・ (買えよ)



Veillette 18 Veillette 17
 いい機会なのでネックポケットに入れていたかなり厚めのシム
 (写真で置いてある物)を取り去り、代わりにネックポケットをスロ
 ープ状に削ってみた。結果は上々で0.5mm削っても効果は絶大。

 やはり何も挟まってない、というのは精神衛生上よろしいが、ヴィ
 ンテージでこれをやる勇気はない・・   参考 / F-nie氏の記事

 「テールピース上のストラップピンは何?」と思われたでしょうが、
 ストラップで吊るとボディが前方に傾いてしまうため、短く切った
 別ストラップで引っ張り上げよう、という計画でこれも一応成功。
 
スポンサーサイト


2017/02/18 17:44|OTHER BASSTB:0CM:2

「必要は発明の母」とは、よく言った物だと思います。
まさに必要だからこそこうなったと言うアイテムですね。
一見木製にしか見えない木目テープも素晴らしい!

もしウォルナットの端材が残っていたら、ボールエンドの目隠しカバーとか作ってみたら如何でしょう?
着脱は弦交換の時だけと割り切れば結構イケるんじゃないかと・・・私だったら作っちゃうなぁ~(唆し)

>ネックポケットをスロープ状に削ってみた

これが私には出来ない!!

私の場合、削り加工が大の苦手でして。
必ず「もうちょっとかな?」をやりすぎて削り過ぎるんですよ(汗)
なので削り加工は「削り過ぎても大丈夫な所」しか削りません(苦笑)

>テールピース上のストラップピン

これはヤマハ製?
タブが外れにくい、良い形状のピンですよね。

そうそう、冒頭の「必要は発明の母」ですが、じゃあ父は誰かと言いますと「横着」なのだと思っています(笑)
すわべ #pt67g6gE|2017/02/19(日) 00:33 [ 編集 ]

まいどです (^O^)

しかしこんな作業、自分のことだから熱中してやりますが、仕事とは言え
これを人の為にやるリペアマンなどの方を尊敬します(笑)

> ボールエンドの目隠しカバー

後からそれも考えましたが、当面はやりたくないです(笑)ブリッジプレートを
もう一つ用意してL字の部分をカットしてここに被せ、オクターブ調整ビスの穴を
利用してボルト止め、というのも考えましたが、それだと今度はボルトやビスが
丸見えになるので(笑)やはりウッディなルックスの物に金属パーツを割り込ませるのは難しいですね。

>ネックポケットをスロープ状に削る

私もF-nieさんの記事を参考に初挑戦してみましたが、やはり削りすぎたらアウトなので緊張しました。
コツはマスキングテープを貼って「これ以上は削らない」ラインを書き込み、忠実に守る(笑)と
いったところでしょうか。実際、0.5mm以上は削ったようで、結構危ないところでした・・

少しでも弦高を下げようと、ナットの溝を削るのもよくやりますが、大抵、弦1本はやらかしてしまいます(苦笑)

>テールピース上のストラップピン

たしか、イバニーズじゃなかったかと・・?? これすごくイイのに、探しても今は売ってませんね。
もとはメタル感バリバリなので、これも茶色に塗装しました。
#pMvxyglg|2017/02/19(日) 10:18 [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://elebass.blog.fc2.com/tb.php/111-dbc2e58e

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。