ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 「下の画像をクリックすると、
  前から撮った写真に変わりま・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 



EFB 1   ベーシスト版のエフェクト・ボードの書籍まで出版されてるのを見るにつけ、
   「また若者がこういう雑誌に感化されて高価なエフェクターを買い揃えたり
   するんだよなあ。まったくメーカーの思うつぼだぜ。やはりあくまでもアンプ
   直が基本だよなあ」とぼやいてるジジイの最近の足元をご紹介します(笑)

   手っ取り早く、トラブルも少ないマルチも試してみたが、「なんか生音変わる」
   「100% 直感・ツマミ調整の物でないとイヤ」 「デカいやつは大げさ」 「そもそも
   内蔵エフェクトが気に入らない」などのチョー・わがままな理由でやめました。

   さて、一見「シンプルで必要最低限」にはあまり見えない(笑) そのボード内は
   時計回りにプリアンプ内蔵ボリュームペダル、dbx Mini Comp、Noah's Arkの
   スイッチャー、BOSS TU-12、Amazonで発見の激安フランジャー、DODのBass
   Synth Wah、BOSS Bass Synth SYB-3、LINE6のワイヤレスG50のレシーバー。



EFB 2 EFB 4
 Vo.ペダルは過去記事でご紹介した、BootlegのBaff&Loopの中身を
 自分で移植したもの。パッシブとアクティブのベースを持ち替える際、
 音量差と音質の調整が出来て便利。画像内の「こもる」が笑えるが、
 取説でもそう表現されている。 左2つのツマミは連動してて面倒。

 dbx Mini Compは「これCDプレーヤー?」「イコライザーですか?」と
 聞かれるが、私にとって文句なく過去最高のコンプと言える。調整
 めんどくさいのでオートでしか使わないが、理想的なかかり具合、
 そして何より音がイイ。とっくに廃番、ヤフオクで探してやっと入手。
 


EFB 5 EFB 6
 シールの剥がし痕も汚いNoah's Arkのスイッチャーはこれ以降に
 つながる「無くても別に困らない」エフェクター用(笑) (詳細は後編で)
 チューナーには名前シール。(しんじといいます。よろしくお願いします)
 これは友人のすわべ氏がうれしそうに「みのるシール」を貼っていた
 影響といえよう(笑) 実際は手軽なクリップ・チューナーを使ってしまう。

 エフェクター用のケーブルは今回初めて一部をソルダーレスのキットで
 自作してみた。好きな長さで作れるのはいいが、どうもハンダ無しという
 のは不安で1本づつベースとアンプでチェックした。テスターより確実?

                                          (いつになるかわからない後編につづく)
スポンサーサイト


2016/10/22 18:34|EFFECTS PEDALTB:0CM:2

 5弦を買うにあたって、別にSTINGRAY 5 にこだわったわけではなく「中古で予算10万以内」という
 条件で探したところ、 『USAが本家の、JAPAN製とか東南アジア製』 ばかりが目に付いたためで
 私はそれらで我慢しようとしても絶対に愛着がわかずに手放すと分かりきっているからであります。

STINGRAY5 5 STINGRAY5 12
 さて、ご覧いただきたい。弦の裏通しと表通しではサドルからの角度
 がこれだけ違う。E弦(手前から2本目)が丸く弧を描いてブリッジ下に
 向かっているが、これが正しい弦振動を妨げる要因になるとか、いや
 かえって音がスッキリするなど情報に惑わされやすい私を悩ませる。

 要は弾き手の感じ方だから自分の耳で良いと思った方を選べばいい
 と思うんだけど、そもそも裏通し・表通しですら「何も違いを感じない」
 という人もいる。現状では表通しのLOW-B弦の張りが明らかに「ボヨ
 ンボヨン」で、次の弦交換時は裏通しで違いを確認してみたい。
 

STINGRAY5 8 STINGRAY5 10
 STINGRAY 5は4弦モデルにくらべて1、2弦のテンションが強い
 と言われるが、それは4:1のペグ配置によってナット~ペグ間が
 長いからでしょうな。これはなんとか3:2にして欲しかった。

 アーニーボールのSTINGRAYはみな一様にネック裏、ヘッドとの
 境が靴下をはいたみたいに見えるのは、塗料の種類が違うので
 はないかと推測してみた。ヘッドは表・裏にデカールが貼られて
 るのでこれを侵さないラッカー系、ネック裏はコスト減かサラサラ
  触感のためにポリ系とか。 ちがうかなあ~? 真相はいかに。


STINGRAY5 9 STINGRAY5 11
 ペグ、ブリッジやジャックプレート、電池蓋はピカールで必死に磨いた。
 電気系統のサビ・汚れがこれまた酷く、ポット、スイッチは錆びて動か
 ないので接点洗浄剤と CAJの「Clean Sable」というオイルで清掃した。
 このオイルは楽器からオーディオまで使えてすごくイイですよ。

 「貧弱なストラップピンのせいでSTINGRAYを落下、損傷させた」と
 いう悲しい過去を持つ私は即・ロックピンに交換する。しかも外側に
 出っ張るのがイヤで自分で埋め込んでみた。結果は上々でネジの
 ゆるみも起きにくい。ちょっと塗装がチップしたのでタッチアップした。


 ●半年ほど使ってみての感想は・・

 重量は4、8kgと5弦としては軽い方だと思うが、やはりデカイのでつい4弦の方を手に取ってしまう。
 指板のアールがゆるく、平べったいのがキライ。 なんか弾きにくい。実際より弦高高く感じる(?)
 トラスロッドの調整はとてもやりやすくて最も優秀な改善点だと思う。昔のは直らなかったりした。
 ミドルのコントロールの周波数がイヤなところにあっておいしくない。結果、かなり絞るしかない。
 シリーズ/タップ/パラレルの切替スイッチはブリッジ側の位置しか使わない。パラレルかなあ?
 コントロール部と一体化したデカいピックガードの大胆なデザインがキライ。分けて欲しかった。

 ・・・と、なんか文句ばっかりですが、当面はこいつを愛用する所存で御座います。


STINGRAY5 13

 ※ 友人の天災ベーシストさんより、「ポジションマークなしのモデルを選べる」とカタログにあった、と
   いらん、いや、貴重な情報を頂きました。 黙っ、いや、本当にありがとうございました。 m(_ _)m


2016/10/06 18:05|MUSICMAN STINGRAYTB:0CM:5

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.