ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 「下の画像をクリックすると、
  前から撮った写真に変わりま・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

.
31周年記念LIVE 131周年記念LIVE 3 ちょっちお久しぶりです。単に更新サボってました

 私が長年参加するインスト・バンドがなんと今年で結成31周年(!)
 を迎え、その記念ライブを去る12月23日、地元ライブハウスにて開催、
 総キャパ数、40人の超満員のお客様の大声援の中、滞りなく終了。

 実は昨年、30周年としてやるはずが諸処の理由で計画が頓挫、悲願
 のリベンジ公演となった。レパートリーは主にオリジナルでフュージョン
 なぞと呼ぶのは恐れ多いので「クロスオーバー」にしておきます。




31周年記念LIVE 4 31周年記念LIVE 5
 31年やっても今だコード進行を覚えないそのオリジナルを中心に
 昔ゆかりのあった女性ヴォーカルやアコーディオンをゲストに迎え、
 また今回は曲によってホーン・セクションも加わるという豪勢な内容。

 小屋はログハウス風の丸太作りで反響が少なくやりやすかった。

 写真の譜面はゲスト用で葉加瀬太郎の「情熱大陸」やユーミンの
 「真珠のピアス」、スタンダードの「My Foolish Heart」はロッド・スチ
 ュアート版。
繰り返しを赤、コーダを青で塗らないと見落とす(笑)





31周年記念LIVE 631周年記念LIVE 7

 使用楽器はまず9月に購入したSpector NS-2とSound Tradeのフレットレス。 

 今回、LIVE自体は成功だったが、残念ながらベースの音がてんでダメだった。
 まずSpectorとSound Tradeの出力の差が想定を超えていて、まあ確認不足
 なんだけどSpector、音でけえわ。パッシブのSound Tradeのボリューム・フル
 に対してSpectorを3くらいに絞ってどうにか同じくらいだった。 (詳細・後述)

 アンプはいつものEuphonic AudioのコンボとTC..Electronicのキャビに今回、
 PJBのブリーフ・ケースのプリ・アウトからの音を加えてみた。PJBのクリアな
 音を増幅してプラスできないかと考えたが、これまた想像したような音には
 ならず、なんか細く、軽く、中抜けしたような音になってしまった。

 30年来の付き合いの音響マンがPAからイイ音を出してくれたので助かったが
 これは研究しないとダメですな。めったにLIVEやらないとこういう事になります。





31周年記念LIVE 9

31周年記念LIVE 2B
31周年記念LIVE 8 狭いステージに最大10人が立つのでエフェクトボードは遠慮してバラで
 床置き。人が通るたびに踏まれる。中央左は二十数年ぶりに導入した
 ワイヤレス「LINE6 G50」の受信機。 (これは次回の記事ネタに予定)

 右はBOSSのFV-100にBoot-legのBaff&Loopを内蔵したベース持ち替え
 用のボリュームペダルで2本のベースのレベル調整も出来る・・はずなの
 だが、今回はSound Tradeのレベルが低すぎてコントロールをフルにして
 も全然小さい。パッシブでもフェンダーなんかよりはるかに出力低いので
 参った。

  写真右下は2トランペットにトロンボーンを加えた9人編成での大迫力
 ステージ。ペットの一人はビウチイなおねえさんで、野郎どもの鼻の下は
 伸び、 リハの出席率も上がった。 これがほんとのオナ・・やめとこう。
 
 それにしてもホーンが入るとスゴい。聴き飽きたオリジナル曲は生まれ
 変わり、思わずEW&Fか、スペクトラムか!? ♪インザスペ~!と叫ん
 でしまった。  ・・こうして31th記念公演は大盛況で幕を閉じたのでした。

 ※写真はお客様撮影のものを勝手に使用しました。笑って許してください。
スポンサーサイト


2014/11/29 17:24|REPORT OF MY BANDTB:0CM:6

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.