ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
サントレ【2本目】その後 8 先日のサウンドトレードのピックガード(以下・PG)とロッド調整口の
 処理、意外と作業が進んだので後篇を設けました。


 まずPGのビス穴埋めはネットで探すとバッチグーな方法を発見。 
 『PGのビス穴の表側にセロテープを貼ってふさぎ、二液性のエポキシ接着
 剤にラッカー塗料を混ぜて穴の裏側から充填する』というもので即・実践。

 充填といってもセロテープ越しに確認しつつエポキシを楊枝などで隅々まで行き
 わたらせる必要がある。 ラッカーは黒を混ぜたが、このべっ甲柄の場合なら茶色
                       とか赤などでうまく調色すれば完璧に分からなくすることも不可能ではないかも。



サントレ【2本目】その後 9サントレ【2本目】その後 10
 乾燥後は林家、いや耐水ペー・パーの600~1000番と磨い
 て(さらに細かい番手まで進むとグー)コンパウンドでPG
 全体を磨けば新品のような輝きに!

 トラスロッドの調整口はPGを装着すると異様に目立ちすぎ
 たのでプラカラーのつや消し黒で塗って導電塗料が塗って
 あるように見せかけた(笑)



サントレ【2本目】その後 11サントレ【2本目】その後 12 さて、あちこち出っ張って形が合わなかったPGは
 大胆にカット。
アクリル製とちがって小型のノコギリ
 でザクザク切れるので助かる。ネック左右の尖った
 部分はビス穴の部分で切って穴埋めの手間を省い
 たため、ちょっとオリジナルなデザインになった(笑)

 完成後は100均の「超透明掲示用両面テープ」で貼る。
 考えてみたら超透明である必要はなかった。やや厚み
 があるのでPGがボディから浮いてしまった・・(苦笑)


サントレ【2本目】その後 13 サントレ【2本目】その後 14
 ところでサウンドトレードの愛用者にはメーカーオリジナル
 の「バッファー」を入れてる人も多く
気になっていた。プリ
 アンプを入れたりは大ゲサだしこのベースには合わない。

 メーカー・サイトを見ると一諭吉、今回はこれを高いとは
 言わないことにするが(笑)  う~んちょっとねえ・・
 そこで自作エフェクター界の雄、「タッキー・パーツ・ドット
 コム」
で見つけたバッファーの基板を試してみることに。
 しかし・・こんなの作ったことないけどだいじょうぶか??          完成・取付後の感想はまたレポートします。

 

                          最近あるブログを見て気になったことをひとつ。サントレ【2本目】その後 15

 このベースのコントロールは1Vo、バランサー、トレブル、ベース(共にカットのみ)
 という構成だが普通、バランサーには当たり前に使われる一軸二連ポットではなく、
 普通のポットを使用し、中央の端子が出力で両端にピックアップがつながっている。

 これだと『片側に絞っても0:100には ならない』 『抵抗の両端にピックアップが付い
 ているので信号が漏れるのでは?』
と、そのブログでは「メーカー名は出さず」あくま
 でやんわりと指摘していた。このやり方は間違いと言えるのか、邪道と呼ぶべきか、
 とにかく変わったコトをしてるようだ。気になるようなら一軸二連ポットに交換するか
                       いっそ2ボリュームにしてしまう方法もあるが、私は面倒なのでしばらくこのまま使う。
スポンサーサイト


2013/07/07 19:00|SOUND TRADETB:0CM:14

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。