ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 「下の画像をクリックすると、
  前から撮った写真に変わりま・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告
.
SOUND TRADE 【2本目】 1  4月に28000円という超デフレ価格で入手したサウンドトレード、購入当初は
 ネックのハイ起き、ねじれ、そしてトラスロッドが回らないといった値段相応
 のジャンク品に思えたが、ネックポケットに超テキトーなシムを挟んだことで
 ハイ起きは気にならなくなり、トラスロッドが回せたことで 割と重症だった
 ねじれがウソのように直ってしまった。 愛の奇跡・ヒデとロザンナである。

 特にねじれは3、4弦側がペッタペタ、1、2弦側がかなり順ゾリだったのに
 吊り下げ式スタンドに吊っておいたら何かのスイッチが入ったかのように
 ある日突然、トワ・エ・モアな状態に再生していて驚いた。


サントレ【2本目】その後 2 ただ、同時に思いっきり逆ゾリになったりしていてやっぱりヘンな
 ベースにはちがいない。ネットでとある愛用者が「特にネックは仕掛
 けが満載」と意味深なコトを語っていたがガセネタか、話半分として
 もなんだか気になる。

 それはともかく、どうやらネックは動きやすいようなので調整のたび
 に外していられないし、取付ビス穴もバカになりやすいのでこの際、
 ボディ側にトラスロッドの調整口を掘ってしまおう、と思い立った。
 これならネックを外さずにこまめに調整出来る・・予定。



サントレ【2本目】その後 4サントレ【2本目】その後 5 近所のハードオフでこの調整口が空いてるベースからこっそり
 寸法を測るという、まるで産業スパイのような手口でサイズを
 割り出し、(そこまでする必要があるのか)21フレットのつば出し
 ネックであるため若干長めとして早速作業に着手。

 例によってトリマーなどの電動工具はないのでひたすらノミや
 彫刻刀、ドリル、ミニルーター、ヤスリなどを駆使して仕上げた。


サントレ【2本目】その後 6 サントレ【2本目】その後 3
 ・・と、ここまでは素人作業にしてはうまくいったが、当然ピック
 ガード側も切り抜く必要がある。
 これまではスラップ時のすき間調整のため厚さ5mmの正方形の
 アクリル板(右写真中央)を両面テープで貼っていたがサスガ
 にこれをうまく切る自信はない。

 そこで手持ちの2mmのクリアPG(写真上・右)を専用カッターで切
 っていたらいきなりツルッ、とすべって見事に大失敗。この方法で
 は特に曲線は不可能に近いようだ。(いいわけ。 by シャ乱Q




サントレ【2本目】その後 7 ここで不滅の男・オアシスはヤフオクでロッド調整口の空いたPG(上の右写真)を
 調達、その分いくらか手間も省けるだろうと思ったのも束の間、ボディに合わせて
 みるとあちこち出っ張って全然形が合わない!! フェンダータイプとは違うんだ・・

 これを修整するとなると余計に手間だ・・ このべっ甲柄もなんか気に入らないなあ。
 ボディにビス穴空けたくないので両面テープで貼るとして、PGのビス穴も埋めたい・・

 気を取り直して、ネック側に目を向けるとポジションマークがサイドだけで表面には
 ない。コレ、やはり使いづらい。そこで永谷園のふりかけに付いてた某・浦安遊園地
 のキャラクターシールを貼って取りあえず応急処置とする。
                   著作権にウルサイ企業なので、早めになんとかしたい。
スポンサーサイト


2013/06/30 17:54|SOUND TRADETB:0CM:6
.
PHIL JONES 1PHIL JONES 2 まったくLIVEもめったにないというのに、先日もワリと高出力な中古の
 コンボアンプを買ってしまった私だが、その前にこのアンプをご紹介し
 てなかったことに気づいた。(MarkbassのMicromark 801は売却済・苦笑  

 ご存知、見た目ビックリな超小型ベースアンプとして2004年に鮮烈な
 デビューを飾ったPJBのブリーフ・ケースである。

 購入は05~06年頃、見たこともない「コンパクトで縦長」というスタイル
 に5インチのカー・オーディオみたいなSPが二発、「究極のナチュラル
 サウンド!」というコピーを鵜呑みにして通販で試奏なしに買ったが
                             期待を越えるサウンドに驚いた。


PHIL JONES 3 音はクリアすぎるほどクリアでちょっとのミスもすぐバレる(笑)直線で飛んだ
 音が遠鳴りしてるときもあってなかなか気が抜けないアンプだったりもする。

 そもそも私は20代の頃、ベーアンのSPがどれもこれも38cm一発とか二発のみ、と
 いうのに疑問を感じていて微妙なニュアンスは出しにくいし、指弾きのセッティング
 ではある程度トレブルを上げないとクリアな音にはならず、スラップに切り替えると
 プルの音だけ飛び出したりで辟易していた。ベースのトーンを絞るのもなんかイヤ。
 
 小口径のSPがいいというのはなんとなく解かっていたが、採用してるのは高価で
 手が出ないアンペッグとかピービーのkey兼用のキャビなどまだごく一部だった。
 


PHIL JONES 4 コンパクトとはいっても片手で持つと14kgの重量はズシリとくるが、たぶん
 無理に軽くするとそれでなくてもネックになる低域再生の点で不利なのかも。
 本体の奥行きをかなり取って容積を稼いでいて、なんとなくアンプというより
 昔の「8ミリ映写機」を思い出してしまう(笑)

 最近はあまり見かけないが(?)、ギター・ベース用の練習用ヘッドフォンと
 いうのがあって、私はそのクリアな音質に「イイ音だなあ。なんでこんな音の
 出るベーアンないのかなあ?」と思ったものだが、このブリーフ・ケースの音
 の第一印象こそまさにその音質だった。ベースの「素の音」とでも申しますか。  



PHIL JONES 5 PHIL JONES 6
 トーンも5バンドのグライコのみというシンプルさ、
 グライコのカーブはみんな一様に低域側を極端に
 上げて高域を下げてるのは致し方ないところか。
 モニターのチャック・レイニーおやじもそうしてた。

 コンプはなかなか使えるがボリュームは時計回り
 なのになぜか逆回りになってるのに最近気づいた。
 弱めにかけてるつもりがほぼMAXだった(笑)



PHIL JONES 7 このアンプ、バッテリーを収納しての駆動も可能でフル充電で8時間使用出来
 たレポートもあるが、私は路上ライブもやらないので使うことはないだろう。
 そもそもそんなもん入れたらどんだけ重くなるのか。

 そんなこのアンプ、実は万人向けではなく完全に好みは分かれると思う。

 まず、絶対にロック向きではないのでそっち方面の方にはオススメしない。
 音にガッツないですから。アンプ自体に音のキャラを求める方にも完全に
 不向き。なんつってもスッピンの素の音ですから。

 
PHIL JONES 8 あちこちで書かれてるが出力100Wといっても実質せいぜい60W
 くらいだと思う。ボリュームを上げるとSPもバフバフ動く。
 背面のプリアウトから他のアンプにつないで出力アップも可能だ
 が、それなら豊富にラインナップされた同社の他の機種を選んだ
 方がいいと思う。

 それでも私はこのアンプが気に入っている。 これが20代の頃に
 あれば一度に二台買っていただろう。チャックレイニーも水野正敏
 氏も二台使ってたなあ。
 その後発売されたさらにコンパクトな「BassCub」にも驚いたけど。
                                                   ★shinmei_t氏のレポート

2013/06/23 19:47|BASS AMPLIFIERTB:0CM:27
.
エピEB-3 7 さて、東京都下は老舗呉服店のロックな若旦那は私が「yahooかんたん決済」
 で払い込んだ金額が確かに自分の高座、いや口座に振り込まれたのを確認
 してから「発送した」旨を知らせてきた。 自分の事だけはやけに慎重である。

 だがこれで安心は出来ないのでヤマト運輸の荷物追跡サービスで確認して
 みると・・  それは確かに先方の営業所で荷受けされていた。 ホッ・・

       だがまだ、荷物の中身が出品どおりのEB-3である確証はない(笑) 
           翌日、下写真の「段ボール・合体ロボ状態」、もしくは「夏休みの工作状態」の荷物が届いた。


エピEB-3 8 エピEB-3 9
 たしか、「購入時の箱がある」という話では・・?   
 伝票の「ご依頼主」はやっと名前が漢字になっていた。こういう字か。

 それにしてもなぜ当初は住所を明らかにせず、名前もカタカナだったのか?
 新規出品なのを利用して私にスリルを味あわせて楽しんだ、としか思えな
 い。まったく意地の悪い若旦那だ。今度いきなり訪ねてやろうかな(笑)


   さて、何とか無事ゲットできた初・ギブソン系、Epiphone EB-3の
   全貌やいかに!?



エピEB-3 12 まず、当然ながらピカピカ・カチカチのポリ塗装で、写真に自分が映りこんでしま
 って困る。中国か韓国製にきまってるが全体の作りはこの価格にしては「よくぞ
 ここまで」と思うほど細部にわたり良く再現されている。

 ペグはそこそこの物が付いてるし、特に”中身はともかく”ピックアップの見た目は
 本物と寸部違わない感じ。ブリッジは3本のスタッドに引っ掛けて浮いた状態だが
 フェンダー系に慣れた私でも思ったほど奇異な感じはしなかった。サドルは個々
 の弦高調整は不可だが、それぞれが絶妙な高さにしてあり特別不便でもない。

 若旦那の説明では「軽い」ということだったが4.4Kgの重量はやけに重く感じる。
 案の定、ネックは順ゾリしてたので調整、ブリッジも下げた。ちょっとビビる・・


エピEB-3 10 エピEB-3 11
 もちろん安っぽい部分もふんだんに有り、一番気になるのが
 やけに白っぽいローズ指板でまあ最下位クラスの材なのは
 間違いない。
 ナットもチャチな、ちょっと弾力のある樹脂製で弦が溝に
 キツくハマってるけど音質面で良くない気がするなあ・・

 こんな激安量産品の弦溝加工は最も省略したいだろうから
 最初から樹脂製で溝付きのを成形するんだろうなあ。


 驚いたのはコントロールパネルの中で・・


エピEB-3 13エピEB-3 14 なんと穴あけの際に出た木屑がそのまま・・ 最初、
 ケムンパスみたいな虫が住んでるのかと思った。

 やはり見えない部分はかなり手を抜いてるようで、
 最も本物と違うのは配線関係みたいだ。人体模型
 みたいな赤青のコード、ヘッドのロッドカバー裏は
 木がむき出しだ。


エピEB-3 15 肝心の音はどうか? よくポイントは押さえてあるようで価格
 以上の物であることは間違いないと思う。意外だったのはジャ
 ズベなんかでは音作りの核になったりするリアPUがなんとも
 貧弱でむしろ要らないと思ったこと。

 MIX具合によってはちょっとフェイズっぽい音になったりするが
 どうも細くなってしまう。フロントPUの真上で弾いた時が一番
 このベースっぽい、ズ太くてドスの効いたGibsonらしい音だ。

 やっぱり本物欲しい・・ 若旦那、1PUの「EB-O」もヨイでげすね。 


2013/06/09 16:51|もうヤフオク禁止!TB:0CM:8
.
エピEB-3 1エピEB-3 2 3月のサウンドトレード、GWのEAベースアンプに加えて
 出戻りPBの材料費など、浪費が続いて反省していた折
 またしてもヤフオクでこんな物を発見してしまったの(笑)
 (アンプに至っては内金1諭吉を入れただけで放置してた
  ところ、ついに楽器店から催促されてしまったの 苦笑)


 前回記事のshinmei_t氏のサンダーバードの音が耳から
 離れず、かと言って現状は本物買うなどもってのほか。


エピEB-3 3 なんとか気分だけでもあのFenderでは出ない低音を体感したい・・

 そんなギブソン入門機として候補に上がるのはやはり安価なEpiphone
 あたりだが、譲れない条件もある。まず絶対にセットネックであること。
 これは私の世代的に友人のGrecoの安レスポールモデルのボディ裏に
 燦然と輝いていたネジ留めプレートが悲しくスリこまれている点による。
  
 そしてもう一点は出来ればこの際、慣れたロングスケールであること。
 サンダーバードモデルもあるが、ボルトオンだしパーツが気に入らない。



エピEB-3 4 この「EB-3」モデルは新品定価が約4万円、実売価格は2万円台でセットネックと
 いう、まったく「Grecoの立場はどうなるのか」と言いたくなるような超ハイコスパだ。

 しかし最大の問題は出品者が「新規」であることでそのせいなのかオクにしては
 安くはないのか誰も手を出さない。(おそらく両方か)

 ご存知のとおり、新規とは全く初めてオークションに参加するか、「何らかの理由」により
 新IDで心機一転、やり直す人のどちらかである。新規出品の落札は初めてではないが
 やはりどこか薄気味が悪い。 迷った挙句、
「この落札ドキュメントはブログネタにもなる」
                    と考えて(笑)落札した。


エピEB-3 5 「さ~て、スリルあるぞ~」、と気楽にかまえているといきなり・・
 落札後の連絡でこちらが住所、電話番号、氏名を記載してるのに相手
 は名前だけ、しかも終始一貫してカタカナなのはなぜか? アヤシイ・・

 アヤシイと思い出すとどんどん怪しく思えてくるもので、試しにやっと知ら
 せて きた住所を「Google ストリートビュー」で確認してみることにした。
 もっとも、その住所が実在していても出品者の住所である確証はない。

 するとそこは、東京都下のさびれた商店街らしき一角の・・ ご、呉服屋

                           私の脳裏に和服姿でEB-3を弾く、イキな若旦那の姿が浮かんだ・・

エピEB-3 6  しかし店のシャッター前に置かれた植木の様子から見て、とても営業してるとは
 思えない。「若旦那は楽器道楽に散財したあげく、店をつぶしてしまったのかも?」
 などと無理矢理な妄想は果てしなく広がる。あまり人のことは言えないが。

 私はカードを使えば実質支払いを来月回しに出来る「yahooかんたん決済」にて
 支払い手続きをした。(おい、たったの1万4千円だろう!)
 「入金を確認後、発送する」旨の連絡に載せた名前はやはりカタカナであった。

 さて出品者は姑息なオークション詐欺師に成り果てた、呉服屋のイナセな若旦那
 なのか!? そして私は無事に初ギブソン系ベースを手にすることが出来るか!?


                                                                    (つづく)

2013/06/01 17:27|もうヤフオク禁止!TB:0CM:9

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。