ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

.
72JB 172JB 3 よくフェンダーはプリCBS期の物しか認めない、という人が
 いるが、私は70年代前半こそがフェンダーが最もフェンダー
 らしかった時代だと思っている。 

 確かに造りがザツだったり個体差が激しかったりするが、ヘ
 ッドに燦然と輝く極太デカロゴこそ私にとってのFenderの証し。
 まあ、中学・高校時代の憧れだったのも大きいのでしょうが。
 
 そんな70年代前半JBが欲しくて1年ほどあれこれ物色してい
 たがまあ高くなったこと。たいていが30万越えで程度が良く
 オリジナル度が高いと40万台と強気の価格設定の物もある。
 安いのを探すとと当然パーツ交換多数とか改造物で妥協する


72JB ザグリ しかなく、この72年はその両方アリだったので比較的お安い
 価格で2012年4月に24回払いで購入。

 安い理由はまずフロントPUに無残な素人作業のザグリがある
 からで、後にフレット擦り合わせをお願いしたPLEKさんによる
 と「ギター用のPUを付けてたんじゃ?」との事。ギ、ギター用?

 ともかく前の(?)持ち主は相当にHiのキツい音が好みのようで
 他にもそれを思わせる改造が随所に施されていた。


72JB コントロール それでなくてもこの年代のJBはトレブリーな音が特徴だと思うのだが、
 まずPUは巷で人気のLindy Fralinに交換されていた。これもどちらかと
 いうと高域寄りの音だと思う。
 ポット類はオリジナルの250KΩからこれまたHiが強めになる500KΩに交換
 され、販売店の話によるとボリュームを絞った時に音がコモる対策のため
 各・Voポットにハイパス・フィルターのコンデンサーを付けてあった。
 
 ソレってそんなに気になるかなあ? 確かに音はコモるが都合のいい場合
 もあるし、まあ味だと思うんだけど。どんだけ堅い音が好きな人なのか?


ブリッジを外す ブリッジはよくBADASS Ⅱに交換されてたりするがこれはオリジ
 ナル。 たしかこの年代はリアPU、ブリッジともボディエンド側に
 移動されたが、その為ブリッジサドルはプレート端に位置する事
 になり、仕方なく1弦のオクターブビスは長いものが採用されたが
 弦高が下がるほど1、2弦ともたいてい長さが足りなくなる。

 前オーナーは1弦だけ長いビスがかっこ悪いと思ったのか、短い
 ものにに交換されてた。まったくいらんことを・・


72JB ブリッジ 実際、サドルの穴の3分の1ほどしかビスが入っていなかったりして実はこれ、
 けっこう危険なのである。(写真の3、4弦にしてもビスが短い)

 昔、ライブ中に「パーン!」という轟音がしたので弦を切ったかと思ったらなんと
 1弦のサドルがビスから抜けて倒れてた。その苦い経験があったので長いビス
 はないかと探したが、インチサイズでネジ山も違うしなかなか見つからない。
 神奈川の小さなリペアショップがオリジナルで作っているのを知り、通販はしな
 いというのを泣き落としてなんとか入手、1、2弦とも交換した。
                                                             (つづく)
スポンサーサイト


2013/01/26 22:13|JAZZ BASSTB:0CM:12
.
二回にわたってお送りしました「新春楽器屋探検隊」ですが、「もう終わりか」「もっとやって欲しい」と
主として参加者からの熱い要望がありましたので全然「番外編」にもなってませんがもう一回だけ。


BIG BOSSの角 このESPのビルの交差点まで来ると「あ~、大体半分来ちゃった
 なー」という気分になったものだった。
 昔でいうところのサンドイッチマンが楽器店の広告のプラカードを
 持って立っている。一日いくらもらうんだろう?と気になる。

 駿河台下の交差点を渡ると以前は知る人ぞ知る三慶商店という
 質屋みたいな楽器屋とか老舗の須賀楽器などがあったがいつの
 間にか見かけなくなってしまった。



 駿河台の坂の途中にある明治大学駿河台キャンパスは私の母校である。
 と言いたいところだが、私の最終学歴は自動車学校中退である。(ウソ。)

明大・今昔 それにしてもこんなに立派な複合ビルに生まれ変わってし
 まったが昔は坂の下まで楽器屋を冷やかした帰り、「授業
 料値上げ反対!」とか「全学ストライキなんとか!」とベニヤ
 にペンキで殴り書きされた通称・タテカンを横目で見ながら
 通り過ぎたのを想い出す。

 強制的に排除されたかのような、私が明大の庭に見たあの
 スローガンたちはどこへ消えたのか?いちご白書をもう一度。



美川憲一モデル・2美川憲一モデル 「スケベースをもっとお願い!! (;´Д`) ハアハア 」

 という声にお応えして(誰も言ってない)美川憲一
 モデルの数々をトリミング無しで出血大サービス。

 そういえば、楽器じゃないがバイクのヘルメットを
 自分でラメ塗装しちゃった人をネットで発見した。
 塗装工程の中でラメ(メタルフレーク)を塩の瓶に
 入れてふりかけるらしい。かなり参考になるので
 意欲と暇のあるドスケベな方はベースでぜひどうぞ。
 
 左 御茶ノ水ギタープラネット / 右 クロサワG-CLUB渋谷にて


渋谷駅前 渋谷駅前にてキャッチ・セールスか、はたまたAVモデルの
 スカウトを行なう怪しい二人組を発見。(本当にスイマセン)

 正月はさすがにスゴイ人で、交差点の向こうから波が押し
 寄せるようだった。
 109のビルも近くで見るとかなり汚れている。やっぱりここは
 排ガスの吹き溜まりだ。
 二十歳の頃、渋谷の「テイクオフ7」というライブハウスに出た
 時、バンド5人に対し客がたったの1人だったのを想い出した。


欲しいギタープラネットのお二人イケベなんとか店









                   御茶ノ水 ギタープラネット              渋谷 イケベ ベース・コレクションにて

                                 ・・それではまた来年も行きます!!

.

BIG BOSS エフェクター さて続いて一行は駿河台の坂のド真ん中、「BIG BOSS」のビル内で
 エフェクターを物色。お二人はエフェクター好きのようだが、昔色んな
 モノをさんざん試して飽きてしまったクチの私はあまり興味がない。
 「ベースエフェクターコーナー」がでかいスペースを取っていて驚いた。

 さてここらでお昼を、ということで御茶ノ水駅並びの飲食店街を当たるが
 軒並み正月休み、水道橋方向へ向かうと激安500円ランチのお店を発見。


すずめのおやど ハイエンド系やヴィンテージベースのローンを多数抱える
 ベーシストにとってはとっても財布に優しい昼食である。
                       
 すわべ氏と@べぇす氏は下写真奥の「ミートローフ定食」、私は
 嫌いなので(何かにつけて好き嫌いが多い)手前の「あれこれ
 欲ばり定食」
にする。ちょっと名前負けしてるような気もするが、
 500円ですから。
 運んできたおねえさんが「同じ物にしろよ、めんどくせえな」と
 いう顔をしてたような気もするが、きっと気のせいでしょう。
                        すずめのおやど お茶の水店

あれこれ欲ばり定食 う~ん、料理の写真を載せると普通のブログっぽくてイイですなあ(笑)
 暗い場所での写真を補正するとお刺身がドドメ色になりがちです。

 このお店、ちょっと目立たない場所だが楽器屋めぐりで駿河台の
 坂を昇り降りしてお腹が空いた時に絶好の休憩所になると思う。
 必要以上に愛想のいいマスターが笑顔で迎えてくれることでしょう。


昔の名機たち 御茶ノ水界隈はほぼ冷やかし終わったので次はどうするかと
 いうことになり、新宿、新大久保、池袋なども候補に上がったが
 ナウなシティーボーイとしては渋谷は外せない、と早速移動。

 渋谷の大小の楽器店はあっちこっちのビル内に点在していて
 私には場所がサッパリ分からないが、@べぇす氏が完璧に把握
 していて助かる。 
          「クロサワ G-CLUB渋谷」で発見の往年の名機たち。
          B.Cリッチ イーグルは45万位だったがこの後売れた!!



スケベース 2 E・ベースの1ジャンルとして完全にその地位を確立
 した感のある「スケベース」も各地で多数目撃した。
 
 左はスターリンのRay34・ブルー・スパークルでお手頃価格だが右の
 「Warwick Robert Trujillo 5st CT」はエナメルみたいなヌメヌメの塗装
 がドスケベ感を醸し出しており「おめえはフォデラか!」と言いたくなる
 ような定価の設定が42,5%引きというのもスゴイ!  ボディ裏にごく
 小さな気泡がある為とのこと、お買い得なので1本いかがスか?


すわべ氏、試奏 続いて一行は西口前の歩道橋を渡ってスケベ、いや「イケベ
 Bass Collection」
へ。マニア垂涎のハイエンドベースが並ぶ。

 ここで中古の「TOBIAS CLASSIC5-FL」というのを試奏してた
 すわべ氏、「これはマズイなあ・・」とかなんとか言ってるうちに
 なんとお買い上げ!!たしかEジューFマンくらいだったゾ!
 「今年は楽器の購入は控える」が新年の目標だそうだが初っ端
 からソレかい!!(笑)まあ楽器との出会いは運命ですからね。


ALEMBIC 小柄な女性がいるな、と思ったらこの人が壁のベースを1本手に取るや、
 いきなり超ハイテクスラップをブチかますので一同唖然。@べぇす氏に
 よると森ナントカというスタジオミュージシャンで男性らしい(失礼)
 ベースマガジンにも度々登場なさるのだそう。いやしかし音質、プレイ
 ともに完璧の一語だった。やっぱりサスガだなあ。

 私はというと写真のALEMBIC JJLB5-FWH "Jimmy Johnson Signature
 Series I Circuit
 という、なんと 1,280,000円のベースを弾かせてもらい、
 おしっこをチビりそうになったが久々の5弦にバカでかいボディ、何より
 傷でも付けたら大変だとそればかり気になって全く弾けないのであった。

 さてこうして「第1回・新春楽器屋珍道中」はめでたく終了、一行はイケベ
 の隣りの「おつまみ全品299円」の居酒屋で華々しく打ち上げと相成った。

 とっても楽しかったのでまた来年も実施したいと意見が一致。いや、その前に三人でなんとか
 「ベース・トリオ」のバンドを作れないかという信じ難い計画も発案された・・(私から)

                                        (好評につき? 次回は「番外編」!!)

.
 インターネットの素晴らしいところは何といってもそれが無ければ一生涯巡り会う
 ことのない人たちとの出逢いだと思う。ブログを通じて知り合った同じベーシストの
 すわべ氏、@べぇす氏と去る1月3日、楽器店めぐりと新年オフ会を敢行した。


御茶ノ水駅前 2 午前11時、JR御茶ノ水駅集合。目の部分を隠すのはなんか昔のTV、
 「ウィーク・エンダー」の犯罪者みたいなので以降、モザイクにします。

 すわべ氏はとても堅気とは思えない(失礼)ファンキーな出で立ち、
 @べぇす氏は185cmの長身でこの日は風邪気味の為マスク着用。
 もちろん私が最年長だが(苦笑)やはり最初はなんとなく照れ臭い。
 好きな音楽の嗜好が三人ともバラバラなのはむしろ面白いと思う。

 さて「楽器の街」お茶の水でどんな楽器との出会いがありますやら・・  


シモクラ・ギターの壁 駅から最も近いのがこの「シモクラセカンドハンズ2号店」だが、
 なんと横の壁面にズラリとギターを吊るしてる!外ですよ、外。

 かっさらって駅方向へダッシュされたりしないのかと思ったが
 さすがにワイヤーと南京錠でガードされていた。(当たり前)
 それでも左の出入り口では年配の店員が目を光らせている。

 モノは1万円台中心の国産中古ギターだが急な雨には店員
 総出で片付けるのか。イヤでも客の目に付く究極の積極派
 ディスプレイだ。 この店、昔は最も駅から遠かったっけ。


ギタープラネット1スケベース 1 その「ギターの壁」の先にあるのが「ギタープラ
 ネット」
で初心者向けギター中心なのかと思って
 いたらとんでもなかった。ベースの品揃えは充実
 していて、写真のスケベースの群れまで発見!

 左下のご存知、G&L「アサッテくん」に至っては
 もうスケベ椅子以外のなにものでもない!
 「ベースフロアは2階」とデカデカと看板に書いて
 あるのに実は1階というお茶目なお店なのだった。



ギタープラネット 2 ヨダレの出そうなヴィンテージジャズベに殿方の目は釘付け。
 それにしても丸ペグ、ブロックポジの'66年が100万越えとは
 あまりにも天城越えではないのか。

 まあ、色物のマッチング・ヘッドはいきなり高くなるんだけど
 昔はこの年代のは丸いペグがカッコ悪いとか言って人気が
 なく、かなり安かった。ヴィンテージ相場はリーマン・ショック
 の頃よりはましになったと聞くが、う~ん、なかなかどうして。

 ヴィンテージのジャズベは他の店でもこの'66年製と70年代
 初めの物ばかりがやたらと目に付いた。安くならないかなあ。


すわべ氏、試奏 それにしてもこの三人衆は楽器屋にとって明らかにイヤな客だ。
 並んでる楽器に何だかんだと講釈ばかりタレまくるヒヤカシ客
 丸出しだから店員サンが時々不愉快な顔をするのが分かる(笑)

 つづいて一行はおなじみ、大手老舗の「イシバシ楽器」へ。
 写真はMAXONのオートワウ・中古9800円也を発見、試奏する
 すわべ氏。この後すっかり気に入ってしまい、めでたくご購入。
 楽器店の試奏用ベースはやはり鬼のように弦高が高かった。

中古エフェクター イシバシ
 しかしこんな程度は序の口、この後訪れた渋谷の楽器店で
 すわべ氏はとんでもない(?)モノを衝動買い(?)してしまう!

             ★待てない方はコチラ!!     (つづく)

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.