ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 「下の画像をクリックすると、
  前から撮った写真に変わりま・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告


 高校のとき、「ベースって弦が4本だから簡単なんだろ?」とほざいてた級友の
 市瀬、元気か? お前にこのベースを見せたいゾ。(まあ、基本同じなんだけど)


TUNE 8st 4 というわけで、いつも見るたび惚れ惚れするのがこの絶妙な位置に
 配置されたペグを含めた機能美あふれるヘッドのデザインである。
 3&4弦側は複弦を正巻き、主弦を逆巻きに、1&2弦側は逆の組み
 合わせにすることにより独自の省スペース化を図っている。

 使用するTUNEの純正弦「NARUCHO STRINGS」は主弦、複弦の
 セットでなんと1万円近くする。(値上がりした!)これは家弾き中心
 の私なぞにとってはなんともバカバカしく不経済である。
 交換インクでもうけるプリンターのメーカーみたいだ。(← いいスギ)


TUNE 8st 10 そこで、これを4分の1以下の出費に抑える方法がある。
                       (TUNEさん、ごめんなさい)

 まず主弦にはG弦が040~の細めのセットを使用、ただし純正はE弦
 が105なので太めの物を選択、複弦はギター弦の009から042のライト
 ゲージを用意。私の研究の成果によると「Dean Markley」が最も長さ
 がある。他の物では弦によっては長さが足りない。それでも最もペグ
 が遠いD弦は全然届かないのでバラ売りのHi-C弦を一音高く張る。
 余ったギターの1、2、4弦はギターの人にあげると喜ばれる(笑)



TUNE 8st 8 まさかベース用にギター弦を買うはめになるとは思わなかったが
 この長めのセットを見つけるまでが大変で、国産は全滅、ダダリオ
 やアーニーなんかもダメ、ギブソンはフルアコがあるから長いかと
 思ったらそうでもない。さらに探せばD弦も長い物が存在するのか
 もしれない。てなこと言ってるワリに、弦交換は2、3年に一度(苦笑)

ブリッジはチト可動範囲が短いものの、複弦のオクタ-ブ・チュー
  ニングも一応バッチリの優れもの。ナルチョのは別物という噂が?


TUNE 8st 12 コントロール部はまるで「キカイダー」の顔半分のようなメカメカ
 しさだが「GAP-1」というプリアンプ基板にポット直付け、ジャック
 以外は(たぶん)ハンダを使用せず、ケーブルもコネクターの端
 子に押し込んである。(今では珍しくもないんですか?)

 ところでこのベース、ものすごく音デカイ。右上の青いトリマーを
 MAXにすると爆音になるのだが、これはミドルの周波数だという
 情報もある。パッシブベースと持ち替えるとすごい音量差である。

TUNE 8st 9
 ピックアップは私の嫌いなEMG。ノイズが無いのはいいが、冷たく
 電気臭い音でブリブリいわないし、フェンダー系のベースに付ける
 などもってのほかだと思う。 ・・が、TUNEの8弦に限っては話が別
 で、これしかないというほどベストマッチングなのがなんとも複雑。


TUNE 8st 11 8弦ベースは別にスラッパーだけのものではなく、小編成の、
 例えばギタートリオで使っても意外に効果を発揮すると思う。
 あまり大編成のバンドだと逆に埋もれてしまう場合がある。

 いやそれならいっそ、チープ・トリックのトム・ピーターソンが
 使ってた12弦ベースの方が目立てるぞ、と思うが弦の張り替
 えやチューニングを考えると気が遠くなりそうなのでやっぱり
 いらない(笑)
スポンサーサイト


2012/12/22 18:27|OTHER BASSTB:0CM:7
.
 こんにちは。Tuneといえば、よくカナで入力してしまい「つね」になって
 しまう私です。・・で、実はこんなのも持ってます。全然弾いてませんけど。
 8弦はなんとこれで5本目! しかもこの「Zi-Ⅲ 8N」は2本目!


TUNE 8st1 残る3本も全てTuneで1本目は89年頃にJR荻窪駅の商店街の小さな
 楽器店で買った中古の「ソムナス」とかいうヤツ。8万ほどで購入。
 Tune初の8弦で紫色、スルーネックでブリッジが平行四辺形だった。

 2本目はなんとアーム付き8弦と5弦のWネックをお茶の水のイシバシ
 で発見、中古19万8000円を衝動買い。新品は58万ほど。すさまじい
 重量、アーミングのせいか8弦側のネックがねじれてしまい手放した。
 それでもボディがデカい分、特に5弦側の鳴りはすばらしかった。


TUNE 8st 2 3本目は「TWX-8」という2O万ほどのモデルで珍しく新品購入。
 スルーネックの「Zi-Ⅲ 8N」に対しボルトオンだがきらびやかな
 Hiの鳴りはこちらが上だと思った。なぜか中古が出てこない。

 そしてキモ~チHiが詰まったように聴こえる代わりにLowが
 ズ太いのが4&5本目の「Zi-Ⅲ-8N」でご存知、鳴瀬喜博のシグ
 ネイチャーモデルであり、ご本人もこのベースも現役バリバリ。
 リッケンバッカーを小ぶりにしたデザインだと最近気づいた(笑)



TUNE 8st 6 実は無謀にも「CASIOPEA」のカバーバンドをやってた時期があり、それが
 活動休止したので売却した途端に活動再開、現在のを入手したのだが結局
 バンドは消滅。活動と言ってもほとんどリハばかりだが、さすがにCASIOPEA
 はきちんと自己練習して音をとって行かないと見事にボロボロになる。
 新旧織り交ぜたレパートリーで桜井哲夫氏とナルチョのプレイをMIXしてた。


 現在は受注生産だと思うが新品は30万超え。2年前に大阪の「某・先進
 国名を冠した」楽器店で中古を5万8000円でまたも通販買い。中古相場
 も一時は10万以下だったが、CASIOPEA復活の影響か最近は10~15万。


TUNE 8st 5 ところであなたは中古ベースの次のような商品説明を読んで
 どんな状態を想像するか?

 『トラスロッドはほぼ限界で金属パーツくすみ、傷・打痕多いです』
 これが本ベースの商品説明だったのだが、普通「トラスロッドが
 締める方向にほぼ一杯で、かなり使用感がある」
と思うはず。

 ところがこれ、全部逆!(笑) トラスロッドはどちらかというと
 緩める方向に回っていて全然余裕あり、パーツのくすみも極少、


TUNE 8st 7 傷・打痕に至ってはネック裏にゴマほどの凹みがあるだけで傷は皆無。
 覚悟して買ったが新品同様、ネック最強の大当たり品で拍子抜けした。

 過去のTUNEのベースはとにかくネックが動きやすく、触るたびにロッドを
 回していたがこれは8本の弦の張力にもビクともせず、これまでのクセで
 ロッドカバーこそ外したままだが一、二度微調整したのみ。
 弦高も下がるしオクターブ上の複弦も良く鳴る。これは売らないぞ!(笑)

 さて、8弦ベースで面倒なのが当然ながら弦の張り替えで・・  (つづく)

2012/12/15 16:52|OTHER BASSTB:0CM:14
.
.

DOCTOR Q 1 あんまりエフェクターを使わない私でも、いつでも何かしら所有して
 いたのがオートワウとフランジャーだった。 
 どちらも今となってはやや古典的なかほりのするデバイスとなって
 しまった感はあるが、ここぞという所で使うとなかなかに効果がある。

 特にオートワウはライブで「自分だけ目立とう」とスラップ・ソロ
 なんぞをブチかます時にネタがなくなったらこれを踏んでごまかす
 といった使い方で重宝する。(奏法自体は70年代のままである)
 
                      ところが自分に合ったオートワウを探すというのはなかなかに難しく・・


DOCTOR Q 2 そんな中、今年出逢ったelectro-harmonixの「DOCTOR Q」
 なかなかツボにハマる名機だと思った。今までこれを試さなか
 ったのはまさに盲点、いや食わず嫌いだったのかも知れない。

 結構エグいのに嫌味でない独特の音でコントロールがひとつと
 いうのが使いやすい。もうあれこれツマミをいじるのがメンドク
 サイお年頃の私にはぴったりである。

 「ナノ・シリーズ」というコンパクトな復刻版があるが形が「ちょう
 したの蒲焼缶」
みたいなので、やはりこの旧型にこだわりたい。
                                             豪華木箱入り。家族が何だろうと蓋を開ける。
                                              DCアウトが不便なミニフォンなので交換した。

                                                   

MUTRON Ⅲ それでは、私が過去に使ったオートワウをご紹介します。

 まずは名機の誉れ高い「MU-TRON Ⅲ」。昔から愛用者が多く、再三復刻され
 てる人気モデルだが私にはバカでかいだけで、なぜか音もピンとこなかった。

 たしか20代の頃、渋谷だかのマンションの一室で営業してたほぼエフェクター類
 専門の中古楽器店で購入。今だとプレミア価格だと思うが2万もしなかった気が。
 店員同士が「意外にパッと売れちゃうもんだなあ」と話してた。客の前で言うな。

 場所が分からず、マンション内をうろついてたら他の住人に不審な目で見られた
               思い出の品。本体裏面にたしかレベル調整の穴があるのを手放した後に知った。



DOD FX25 レッチリのフリーの使用で有名な「DOD FX25 ENVELOPE FILTER」

 私にはこれが一番ダメだった(笑)とにかく二つのツマミの設定が微妙
 で、ものすごく調整しづらくキレて燃えないゴミに出したと思う(笑)。
 こういうキャラのオートワウこそ、コントロールは一つにして欲しい。

 ベース用の「FX25B」というのもあるが、まあ、似たようなもんでしょう。
 それでもYOU TUBEなど観るとうまく使ってる人もいてちょっと反省。
 たしか結構お下品な音だったと思う。 私に合うハズなのになあ・・ 



MXR AUTO Q それとは対照的だったのが「MXR M188 BASS AUTO Q」

 ツマミが六つもあるのに、それぞれを適当な位置にしても
 それなりに使える音がする。DODとは好対照なとっても
 お上品な音だった。

 それにしてもこんなにコントロールいらないよなあ。
 ふと気づくといつの間にか手もとにはないのであった。
 

 そんなわけでオートワウ、今のところは「DOCTOR Q」が最強だと思っています。
 年内にひとつライブがあるみたいなので、またこれでミャオミャオとごまかしてきます!


2012/12/08 19:30|EFFECTS PEDALTB:0CM:10
-
-

 こんにちは。 アンケートで「自分は衝動買いしやすいタイプ」を選択する奴です。

色白スティングレイ1 このスティングレイは昨年の今頃、私の手元に一ヶ月しかなかった
 82年頃のスティングレイでフレットレスに改造された中古だった。
 「デジマート」で見つけた宇都宮の楽器店の通販で75000円だった。

 近々このブログを始めるつもりだったので記事に使おうと
 手放す前に写真だけ撮ってあるのがなんともイヤラシイ(笑)。
 弦が「裏通し」から「表通し」に変わった頃のものでピックガードが
 大嫌いなグレーのパール柄のに交換されてたので即ハズした。


色白スティングレイ3 私は「メイプルネックのフレットレスを使ったスラップの音」
 が好きで過去にも度々そんなモデルを入手したがなぜか気に
 入る物は少なく、ことごとく手放してしまった。

 独特の「香ばしい」サウンドが好きなのだが、このスティングレイ
 もそんな音とは程遠かった。裏通しでないのも愛着がわかない。
 ただ、ネックは頑丈だし気になる重量もやや軽い部類だった。


 そしてどうしても好きになれない理由がこのボディの
 色で・・
 (なんで買うか・・)


色白スティングレイ2 写真では色が濃い目に写っているが、なんともナマっ白い色で
 どうも気持ち悪い。 人間の女性だったら大歓迎なんだけど(笑)

 ところで左写真のネックのジョイントプレート、(この時期からは4点留め)
 ここにブランドロゴと"MADE IN U.S.A."の刻印が無い物は日本製だと
 言われるが必ずしもそうではなく、この無地のプレートも時々見受けられ
 る。ヘッドに"Stingray Bass"の文字と、ブリッジには「B02~」のシリアル
 ナンバーがちゃんと入っている。


色白スティングレイ4 「また安物買いの銭失いだったのね~。中古を試奏なし
 で買うからよ~」
とお思いでしょうが、考えてみると現在
 私が所有する6本のベースのうち、5本は試奏なしの通
 販、またはオークションで購入している。恐ろしいことだ。

 ひと月の短い付き合いだったこのベース、オークションで
 ほぼ同じ価格で売った。買った方が見ていないことを祈る
 のみである。                                       画像ソフトで白ピックガードを付けました。


          あなたの  ベース見せてください 第五回
              / お店の \

美川憲一JB 1美川憲一JB 2 「スケベース」なんてそうそう持ってる人はいない
 わけで。今回は仕方無く禁断の「楽器店サイト」
 に手を付けてしまいました。 反省してます。

 今回ご紹介するのは「Fender Custom Shop
 Jazz Bass 美川憲一モデル」
(ウソ。)

 (12/7 追記・残念ながらその後販売ずみの模様)

 某氏に売っちゃった「Kustom」のアンプとセットで
 使えば「気分は60年代の華やかなりしグランド・
 キャバレー」
てな感じですね。 ・・欲しかったなあ。

2012/12/01 19:00|MUSICMAN STINGRAYTB:0CM:12

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。