ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:--|スポンサー広告

guya 前回のFender弦の出品者の方は他にも懐かしいベース弦
 を出品なさっていた。セットではなくバラ弦なのがチト残念。

 まず「グヤトーン」は私が通っていたド田舎の高校の最寄り
 駅前にあった小さな電器屋になぜかこれだけ置いてあり、
 一度だけ買って使った。「電気ベース」の文字にシビレる。 


teisco さすがにこの「テスコ」を使った記憶はない。
 いやないですって。ないって言ってるじゃないですか(笑)
 これを使ったのは私より一世代上の人たちだと思・・う。

 バンド人口も少なく、ベース弦を買う人など希少だった時代、
 メーカーがパッケージ裏側に載せた心の叫びを聞け!



yamahaespbillaria

    私が過去に使った弦のうち、現在も販売されている国産弦を並べてみた。

   まず70年代から変らぬパッケージ・デザインのヤマハはプロ・アマ問わず愛用者が多かった。
   隣りのESP、昔のはロゴ部分を剥がすとステッカーになっていて、よくそれ欲しさに買った(笑)
   ちなみに私は今でも「シール大好き中年」であることをここに告白するものである。

   「Bill's Brothers」は典型的な安売り弦、「Aria ProⅡ」も超激安だが最近使ってみて驚いた。
   ラーメン一杯分の値段だというのに結構使えるので家弾きに愛用している。。フラット弦もあり
   こちらは「ビニール袋を開けるとバレーボール臭がする」(笑)ともっぱらの評判なので、匂い
   フェチの方にもおススメ。ダメな人には全然ダメかもだが、試す価値はあり。(匂いじゃなくて)


warwickroto 外国勢は「Warwick」もなかなかだがペグ側の処理
 が雑なのが残念。「Hartke」も音的に似たような感じ。

 同世代のほとんどのベーシストがこれでラウンド弦を
 「ドキドキ初体験」した(笑)「Roto Sound Swing Bass」。
 その音の明瞭度とロングサスティーンに驚いたが、反
 面、「ずいぶん音が細くなるな」と思ったのを忘れない。


ghs
 最近、音の良さを再認識して使っているGHS
 フラット弦とハーフワウンド弦。こちらは細めの
 ゲージを選択。このフラット弦は使えますよ!
 ハーフワウンドはフレットレスに愛用中でお値段
 も共に二千円以下とリーズナブル。

 そういえば昔、ボディ側がラウンドワウンドで、
 ネック側がハーフワウンド(?)の「ハーフ&ハー
 フ」という、半分黒ビールみたいな弦があった。

dadda ernie さて、時代は変わっても私のベース弦のスタンダード
 といえば「D'Addario」と「Ernie Ball」のラウンド弦。
 E弦は100のものに慣れてしまったので105だと太い。
 
 私は「弦にかけるお金は二千円まで」、という遠足の
 おこづかいみたいな決め方をしているので、「DR
 とか「Elixir」、「THOMASTIK」などの高級弦には全く
 縁がない。死ぬまでに一度試してみたいものである。
スポンサーサイト


2012/06/30 11:55|BASS STRINGSTB:1CM:8

ある日、私はツラツラとヤフオクの「ベース弦」のカテゴリーを見ていた・・

「う~ん、昔はもっと珍しい弦とかあったのに、最近は変りばえしないなあ・・ あっ、また
 一度使った弦を出品してる人がいるゾ(笑)・・ 不景気だなあ。あんまり関係ないか・・
 そういえば大昔、弦買う金がないとよく鍋で煮て・・  あれ?こっ、この弦は!?


fender st fr それはずいぶんと久しぶりに見るパッケージだった。
 楽器店の弦コーナーには必ず並んでいたのに、ただの一度も
 買うことのなかった弦・・ そして何より、70年代までの(?)
 フェンダーベースに純正で張られていた、通称・「ツルツル弦」
 あのフラット・ワウンドだっ!! 買います、買いますので!

 スタート価格は1000円、結局入札は私一人のまま落札できて
 しまったのがなんだかうれしいような、悲しいような・・
 さすがにベースに張って使用するよりは懐かしくて大切に
 とっておく、といった人が主な対象なのか、出品タイトルには
 「コレクターズ・アイテム」とあった(笑)


fendergen2 見かけなくなると恋しくなるもので、いつでもこの弦が
 頭の片すみにあった。あの青緑の飾り糸のニクい奴・・

 この弦がいつ頃まで販売されていたのかは定かでは
 ないが、ヘタすると製造後30年以上は経過している
 かもしれない。さすがに外側のビニールは茶色く変色
 していた。弦には完全にひどい巻きグソ、いや失礼、
 巻きグセがつき、ほどいてもヘナヘナだ。

 ご注目いただきたいのは、各弦のゲージである。
 050、064、080、095 とG弦のみ太くて他がかなり細めだ。


fendergen3 そこで現行品のフラット弦を調べてみると・・さすがに細めの
 セットでG弦が050、というのはないがE弦が095あたりだと
 GHSのPrecision Flatwound 3025 や THOMASTIKのJF364
 など、最近は近いゲージのセットも増えてきたのに気づく。

 こんなゲージが選べるようになったのも、「フラット弦使って
 みたいけどテンションきつくて・・」との声が多かったからか。
 フラット弦の代表的なゲージは長い間050~110あたりだった
 ことを考えると、まるでこの弦は時代の先を読んでいたかの
 ようだ。何よりFender Bassのネックに最適な太さだったのか。


fendergen4 私の「ラウンドワウンド弦初体験」は高校の後輩に借りた
 フェルナンデスの矢沢永吉モデルになんと標準で張って
 あったロトサウンドのSWING BASSで、「世の中にこんな
 に弾きやすくて音の通る弦があったのか!」と驚いた。

 その後、弦といえばラウンド弦しかない、という時代が
 続いたが、なんとなくフラット弦が恋しくなって張って
 みるものの、「うわ~、音伸びねえ!やっぱりダメだ!」
 てなことを何度か繰り返し・・それでも最近は品質が良く
 なって安くなった感もあり、先のGHSなどは愛用している。


fendergen5  この青緑の飾り糸!!コレですよコレ。
 昔の、特にジャズ系のベーシストには、買ったときに張ってある
 この弦を生涯張り替えない、という人も多かったと聞いた(笑)

 さて、せっかくなので出来ればこの弦を実際ベースに
 張ってその音色にむせび泣いてみたい。
 
 ただし、問題は張って普通に使えるかどうかだ。
 長期保管の巻きグセに加えて折れ曲がった部分もある。
 30年の歳月はやはり重い・・ やっぱり鑑賞用かなあ??

2012/06/23 19:34|BASS STRINGSTB:1CM:13

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。