ベースを弾いて三十年以上・・(苦笑) 過去に使ったもの、現在愛用してるもの、アンプ、他の機材も含めてエレクトリックベースという楽器を偏った視点と不十分な知識で斬る!

オアシス地球

Author:オアシス地球
 更新が月一回以下という ていたらく
 ですが忘れたころに書いてます・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
 



ニコイチ 9 ニコイチ 10
 写真を撮り忘れたがブリッジ・プレートのネック寄りがかなり浮き上
 がっていて左画像上のように弦の張力でL字の壁部分が前方に
 曲がると起こる症状である事が判明、万力で必死こいて直した。

 その下、サイドポジションマークがまるでマジックで描いたみたい
 になってるがネック裏のレリック加工の際、ペーパーをかけたせい
 らしい。白と思いがちだけどこの年代は黒で指板の下に入っている。

 PUは71年の表記があり、PU側クッションは風化して粉になってた。



ニコイチ 11 ニコイチ 12
 ポットが国産に交換されてたので手持ちのCTSにする。FENDERの
 ワイルドなはんだ付けを再現しようとフラックスで茶色くした(笑)

 交換されがちなコンデンサーはオリジナルの「サークルD」だった。
 ポット~ジャック間のアース線を付けるか迷ったが、調べてみると
 FENDERでもこれを全くやってない物、トーン~ジャック間のみ繋い
 だ物、律儀に全部橋渡しした物があってとりあえず2番目にした。

 配線材はいつもの布引きヴィンテージタイプをオゴって満足する。



ニコイチ 13ニコイチ 14
 ここからは今回最も苦労した「自己流フレットすり合わせ」について。

 見よう見まねでもう3、4本目、今回はフレット自体はさほど減ってない
 代わりに高さがバラバラで弦高下げるどころじゃない。 「 削る~仕上げ
 の磨き(左画像)~弦張ってチェック 」を4、5回も繰り返す羽目になった。

 右画像のように作業指示書(笑)に従ってマスキングテープ上やフレット
 にも印を付け、高い所を低い所に合わせて削るが思うようにいかない。




ニコイチ 16 ニコイチ 17
 本当はネックを外して作業した方がいいらしいが、削っては弦を張っ
 て様子を見る都合でそのまま。ネックも事前にロッド調整してまっす
 ぐにしろ、と言われてます。

 極力ビビるポジションを無くしていくんだけど、あまり神経質になって
 もアンプから出る音にはさほど影響なかったりで見極めが難しい。

 ペーパーを巻いたスリ板で削った後は左画像のように「フレットファイル」
 なる専用ヤスリで頂点を残して削り、右画像・ペーパーを指にはさんで
 ひたすら左右に動かし、ペーパー傷を消して最後はコンパウンドで磨く。

        (【 3の3 】につづきます。
スポンサーサイト


2017/04/23 15:02|PRECISION BASSTB:0CM:2


ニコイチ 1  またまたお久しぶりでした・・ ブログを放置してるとろくな事をしておりませんで、
 また左のようなブツをやらかしております・・ (苦笑)

 ヤフオクです。安くはなかったです。 一応、72年製という触れ込みでしたが、ボディは
 後述する理由によりおそらく74~76年製、鮮やかなレイクプラシッドブルーは塗り替え
 に決まってると踏んでましたが、この美しさにやられてしまいました。

 とてもそのまま使える状態ではなく、なぜかフレットの高さがバラバラ、ブリッジプレート
 は曲がって浮き上がり、ペグは固い、ピックガードのビス穴がほとんど全部ガバガバ・・

 「うわ~、またやっちゃったなあ・・」といつものようにシコシコと自己リペアに励んでみる
 と・・ なんとこれが手放せない1本に生まれ変わったのですよ!! ホントですよ!



ニコイチ 2 ニコイチ 4
 思い返せば40年前 (ノ∀`)、初めて手にしたベースはグレコのPB580
 というプレベ、以来何十本のベースを売っては買い、「ベース転がし」
 の異名をとるまでになったが良いプレベにはなかなか縁がなく、一度
 60年代で色が黒、という今思えばこれも怪しいブツをつかまされた時
 はボディがフェ○ナン○スである事が発覚、シ○ク○楽器に返品したが
 不思議とこうした「ニコイチ」に限って音が良く、手放して後悔したり・・

  鮮やかなボディに比べてネック裏はレリック処理がされており
 やり方が某カスタムショップみたいで嫌い。 やたらとフシが多い (T_T)

 

ニコイチ 5 ニコイチ 6
 ネックは紛れもなく72年でこの辺の写真は出品者に送ってもらった。
 ペグ、PU、ブリッジ、ジョイントプレート、ストラップピン、ジャック、コン
 デンサー、ビス類はオリジナル。ピックガード、ノブ、ポットが非純正。

 ネックポケットを見るとボディの元の色はナチュラルだったと思われ
 ますがどうでしょう? その木目もアルダーでなくアッシュかと・・?
 全体の重量は4.3kgでまあ標準的と思うが、持った感じ軽くはない。
 写真の厚紙製のシムは不要と判断したので外した。



ニコイチ 7 ニコイチ 8
 「ボディが74~76年製(?)」である根拠は画像丸囲み部分の溝が掘られ
 ているからで、72年なら細いトンネルで処理されてる、と本で読んだから。

 プレベってブリッジのサドルが後ろに行き過ぎてるのが多くないっスか?
 単に取り付け位置がマズイのか、これもE弦がやけに窮屈な感じなので
 取り付け穴を空け直してプレートを穴一個分ほど後ろにずらした。
 実はBADASS BASSⅡに交換すれば一発解決するんだけど。ボディが
 オリジナルだったら絶対やってない(笑)

 穴空けはいつものように電池式ドリルと水準器を駆使しての「なるべく
 垂直空け」(笑) 刃先と水準器を交互に見ながらの作業は集中力がいる・・
 
        (【 3の2 】につづきます。 なるべく早くやります (#^.^#) )


2017/04/16 14:20|PRECISION BASSTB:0CM:2

恥ずかしいステージ写真1 ベースを始めて1年くらい、高二の終わりの恥ずかしい
   ステージ写真。 クリックして拡大しないでください(笑)
   バンド結成当初はギターが二人いたが、片方が女の子と
   駆け落ちしたため(笑)、トリオ編成になってしまった。

   このLIVEでカルメンマキ&OZの「崩壊の前日」という
   曲を演ったら、突然ベースアンプのスピーカーが崩壊
   した(笑)
恥ずかしいバンド紹介

   Greco PB580はこの後自分で色を青に塗り替え
   て大失敗し、またフレットを抜いてフレットレスに
   しようとして大失敗、無残な姿となって音楽雑誌
   「プレイヤー」の「売ります・買いますコーナー」で
   二束三文で売られていった。ごめんよ、PB580・・
   
   

はいからいぶ 0707 PB  最近の唯一の活動拠点・千葉県富津市のライブ居酒屋
   「はいから屋」にて。 造りは普通の和風居酒屋なのだが、
   モニター付きPA完備・防音設備なし(笑)でドラムありの
   バンドもへっちゃらで大音量を出す。周囲は民家、細い県
   道を一本隔てた真向かいは病院でそこの熟女看護婦さん
   がお客として来てくれる、という恵まれすぎた環境である。

   小指を立て、初心者丸出しみたいなフォームで弾いてい
   るのは数年前所有の'76年製PRECISION。音も程度も良
   かったのに、これまたなんで売ったかなあ。

   画像提供・店主・クリス提督


            私はFENDERの場合、この76年までの「デカロゴ」と呼ばれる、FENDERの文字が
            デカイやつでないとイヤ、というこだわりがあり、「ヘッドシリアル」というロゴの下に
            シリアルナンバーが入ってからのものはキライである。よって、そのモデルを愛用
            してるマーカス・ミラー(たしかタメ)がイマイチ好きになれない(苦笑)


     18 不定期特別企画 「あなたのスケベース見せてください)」 第一回


天災氏のベース1 天災氏のベース2                 こちらは友人の天災ベーシスト氏が中古で発見、
 埼玉まで買いに行ったというFENDER JAPAN製
 のテレキャスター・パイズリー、いや、ペイズリー
 モデルの珍品改造品。6万円だったそうです。

 60年代風のサイケなボディにSTINGRAYのPU
 をリアに増設した今風レイアウトがやけにミス・
 マッチ(失礼)。音は「リアのみでスティングレイ
 の音、フロントのみでプレベの音です」と解説
 して下さったが、あったりめえだろ!(笑)

 2ボリュームのみなのでちょっとトレブルがキツイ
 とのこと、二連ボリュームに1トーンにする、と
 いう手がありますがめんどくさいですよね(笑)

  これからも大切になすってくだはい。

2012/05/18 18:52|PRECISION BASSTB:0CM:14

 
 高校時代、じゃんけんに負けてめでたくバンドの
 BASS担当となり、どうしても楽器を買わなければならなくなった。



GRECO PB580 2 中学からギターは持っていたが、せいぜい簡単なコードを弾ける程度、
 質屋で買ったお約束の白いフォークギター(笑)とか、「ギャバン」という
 メーカーのSGタイプを肩から下げ、サングラスをかけて写真を撮って
 もらい、悦に入ったりしてた(赤面)

 今はフェンダー系だとJAZZ BASSがダントツの人気だが、1977年当時は
 なんといってもPRECISION全盛で、憎っくき(笑)バンドのギターの奴も
 「JAZZ BASSはわりとうまい人が使うんだ」とシッタカなことをほざいてた。

 初めての記念すべきBASSは「GrecoのPB580」というプレベタイプで
 その名の通り定価は58000円、買ったのは忘れもしない秋葉原の、今は
 中国企業の傘下となってしまった「LAOX」で、当時はまだ「朝日無線」と
 いうラジオパーツ屋みたいな店名だった。
 画像・Grecoの写真館より


GRECO PB580 1 低価格なのに「ワンピースネック」というのがウリだった
 が、ヘッド部分はたしか「スリーピース」くらいだった(笑)

 ネックも弦も細くて弾きやすく、このGrecoよりも「格が上」
 とされてた「Fernandes」のPBを持ってた友人に「弾きや           ▲色もネックもドンズバ。 これでした。 
 すいから文化祭で使うのに貸してくれ」といわれたのだが断った。
 すると友人は耳を疑う要求をしてきた。    「弦だけ貸してくれ」・・



GRECO hedしかしこれ、ちょっと笑えない話でもある。 後でわかったのだが、私の
Grecoにはなぜかラ・ベラらしきフラットワウンド弦が張られていた。当時
外国製の弦は6~7千円もして高校生に安々と買える代物ではなかった。
一度、某・国内老舗メーカーの激安弦に交換したみたところ、「それまで
張ってた死にきった弦のほうがよほどマシ」
、ということもあった。

Grecoにはブラックナイロン弦が張られたベースもあった。JAZZ BASS
タイプなのにGibsonのSGベース(EB)みたいなPUが付いていて、ペグは
完全に錆び付き、ペンチがないと回らない(笑)という代物を持っていた
先輩がいてこれがブラックナイロン弦、長いこと見かけなかったがその後
市販されるようになって驚いた。
                      私はおそらく、使うことはないであろう(笑)



FENDER JAPAN PB 後に「FENDER JAPAN」が登場するとは思いもよらないこの
 頃は、FENDER USAのギター、ベースは間違いなくガラスの
 ショーケースに入れられ、おいそれとは試奏などさせてもらえ
 ない雰囲気だった。

 BASS初体験はプレベだったが、その後ジャズベを使うように
 なると、どうも自分はプレベでイイ音を出せないことに気づいた。
 リアピックアップの存在に慣れてしまうとどうもダメ、STINGRAY
 も1PUだがブリッジ寄りの絶妙な位置にあるし、音が抜ける。

 右は2年ほど前、ヤフオクで衝動買いした(またか)FENDER
 JAPAN製、メイプルのフレットレスでPUはEMG
という珍しい
 モデル。(ただし、私はFENDERタイプにEMGは合わない、と
 思っている)
 メイプル・フレットレスでチョッ・・いや、スラップすると独特の
 香ばしい音がするんだけど、LIVEでは音抜けが悪く、周りの
 評判も悪いわで手放してしまった。

 私にとっての初体験・そして世界初のエレクトリックベース・
        PRECISIONはいつでも気になる存在なのです・・


2012/05/11 17:22|PRECISION BASSTB:1CM:13

QR

Copyright(C) 2006 ★ じゃんけん負けて BASS道 ★ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.